雑学食べ物・飲み物

ガトーショコラとブラウニーの違いは食感?材料や特徴・味の違いを雑学オタクが徹底比較!

勉強や仕事に疲れたとき、甘いものが食べたくなることは多いよな。特にチョコレートはリラックス効果があり、老若男女問わずに幅広く愛されているお菓子です。では、日本でも人気のガトーショコラとブラウニーの違いは知っているか?大きな括りではどちらもチョコレートケーキですが、作り方や歴史を紐解くと、様々な違いが見えてくる。今回は甘いものには目がない雑学オタクのおとのと一緒に解説していきます。

ライター/おとの

お菓子は食べるのも見るのも大好き。世界のスイーツについて書かれた本や写真集を読むのが趣味で、美味しそうな写真に惹かれてお菓子作りのレシピ本を衝動買いすることもしばしば。

ガトーショコラとブラウニーはざっくりこう違う!

image by iStockphoto

日本でも専門のショップがあるほど人気のあるガトーショコラとブラウニー。最近はコンビニスイーツとしてお手頃な値段で販売されていますし、インターネット上では手作りして楽しめるように多くのレシピが掲載されています。両方とも、チョコレートケーキのなかでも非常に高い知名度と人気のあるお菓子ですが、その違いは何なのでしょう。まずはガトーショコラとブラウニーの概要を見ていきましょう

ガトーショコラはチョコレート菓子を表すフランス語

ガトーショコラはフランス語でGâteau au chocolatと綴ります。実はこの言葉、日本人が思い浮かべるあのチョコレートケーキを示しているわけではありません

フランス語で、「ガトー(gâteaux)」はお菓子やケーキという意味。そして「ショコラ(chocolat)」はチョコレートを意味します。つまりガトーショコラはチョコレート菓子全般を表しており、特定のケーキの名称ではないのです。私たちが食べ慣れているガトーショコラは「ガトー・クラシック・オ・ショコラ(gâteau classique au chocolat)」と呼び、本場フランスでは日本よりもレアに焼き上げます。

ブラウニーはアメリカ生まれの家庭的なチョコレートケーキ

ブラウニーの発祥はアメリカで、家庭によって様々なアレンジレシピがあるほど慣れ親しまれたケーキです。チョコレートを混ぜたスポンジ生地を平たく焼いて、一口サイズに四角く切り分けたものが一般的。材料を順番に混ぜて焼くだけという手軽さもあり、初心者でも挑戦しやすいお菓子です。手でつまんで食べることができる気取らないケーキなので、毎日のおやつタイムや、可愛くラッピングしてちょっとしたプレゼントにも最適ですね。

ガトーショコラとブラウニー 材料の違い

image by iStockphoto

レシピによって差はありますが、ガトーショコラとブラウニーも基本的な材料はシンプルです。一般的に2つのケーキに共通しているのは薄力粉、卵、砂糖、バター、そして主役のチョコレート。しかし、材料は似ているのにどうして出来上がるお菓子は別物になるのでしょうか。ここでは、卵と薄力粉に注目して解説します。

\次のページで「ガトーショコラは卵白使用・薄力粉少なめ」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: