国語言葉の意味

【故事成語】「蝸牛角上」の意味や使い方は?例文や類語を早稲田文学部卒Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「蝸牛角上」について解説する。

端的に言えば蝸牛角上の意味は「きわめて小さい世界のたとえ」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

早稲田大学文学部で日本文学・日本語学を学んだぽん太を呼んです。一緒に「蝸牛角上」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ぽん太

早稲田大学文学部で日本語学と日本文学を学び、中高国語科の教員免許も取得している。これまで学んだ知識を生かして、難解な言葉をわかりやすく解説していく。

「蝸牛角上」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 78429532

それでは早速「蝸牛角上」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「蝸牛角上」の意味は?

「蝸牛角上」には、次のような意味があります。

1.カタツムリの角の上
2.きわめて小さい世界のたとえ
3.蝸牛角上の争いの略

出典:コトバンク ー デジタル大辞泉(小学館)「蝸牛角上」

読み方は「かぎゅうかくじょう」です。よく「蝸牛角上の争い」と使われますね。

「蝸牛」とは「かたつむり」のことです。渦を巻いた殻と牛のような角を持つ見た目から「蝸牛」と書くようになったとされています。ちなみに、日本には800種類以上のかたつむりが生息しているそうですよ。

かたつむりは種類によって大きさが異なりますが、大体3〜4cmほどのものが多いです。そんなかたつむりに生えている角同士で争っても、その世界はせいぜい1cmほどでしょう。これが「きわめて小さい世界」のたとえとして用いられる理由です。

「蝸牛角上の争い」「大局的に見れば、非常につまらない理由で争っていることのたとえ」という意味があります。争っている本人にとって重大でも、端から見ればつまらない争いであるときに使うとぴったりですよ。

「蝸牛角上」の語源は?

次に「蝸牛角上」の語源を確認しておきましょう。

「蝸牛角上」は、中国の戦国時代の思想書である『荘子 ー 則陽』が語源となっています。その話は以下のようなものです。

戦国時代のはげしい覇権争いを目の当たりにしたある賢者が、魏王に「かたつむりの右の角にある国と左の角にある国が領地争いをする」という話をしました。「死者は数万人に及んだ」と賢者は言いますが、魏王は全く信じません。すると賢者は「宇宙から見れば、われわれの世界などあるかどうかわからないもの。今の王だって(かたつむりの角上で争う国々と)同じではありませんか。」と言ったそうです。

この話から「大局的に見れば取るに足らない理由で起こっている争い」を「蝸牛角上の争い」と言うようになりました。

\次のページで「「蝸牛角上」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: