この記事では「薹が立つ」について解説する。

端的に言えば薹が立つの意味は「旬を過ぎる」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

早稲田大学文学部で日本文学・日本語学を学んだぽん太を呼んです。一緒に「薹が立つ」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ぽん太

早稲田大学文学部で日本語学と日本文学を学び、中高国語科の教員免許も取得している。これまで学んだ知識を生かして、難解な言葉をわかりやすく解説していく。

「薹が立つ」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 75994239

それでは早速「薹が立つ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「薹が立つ」の意味は?

「薹が立つ」を国語辞典や漢字辞書で検索すると、次のような意味がありました。

1.野菜などの花茎が伸びてかたくなり、食用に適する時期を過ぎる。
2.盛りが過ぎる。年ごろが過ぎる

出典:デジタル大辞泉(小学館)「薹が立つ」

読み方は「とうがたつ」です。

野菜の食べごろの時期が過ぎることや、主に女性の婚期について盛りが過ぎるという意味があります。

この「薹」という難しい漢字は「ふきのとう」の「とう」です。ふきのとうは冬の終わりにちょこんと芽を出すつぼみのような山菜ですが、これはふきの花の部分に当たります。花が咲いた後に下から茎、つまり私たちが「ふき」として食べる部分が生えてくるのですが、この花と茎の間にある台座部分が「薹」です。

ふきのとうは、蕾がキュッと締まっているものが食べごろと言われています。大きく花が咲いて下から茎が生えてきたものは、苦味が強すぎて食用には向きません。つまり、薹が開いて花が咲いたふきのとうは食べごろを過ぎてしまっているのです。

「薹が立つ」の語源は?

次に「薹が立つ」の語源を確認しておきましょう。

ふきのとうなどの食べごろは花が開く前のつぼみの時期です。これを過ぎると食用には適しません。「薹」は「フキ・チサなどの野菜類の、花のつく茎がのび出たもの。花のつく台座。」という意味で、薹が出てくる頃のふきのとうは花が咲いて食べごろを過ぎてしまうことがわかります。ここから「薹が立つ」は「食べごろ、旬を過ぎる」という意味になりました。

そこから転じて、男女の婚期についても同様の意味で使われます。しかし、ほとんどは女性に対してで、決して良い意味ではありません。「薹が立つ」を使う場合には、相手を傷つけてしまうリスクもきちんと考える必要があります。

\次のページで「「薹が立つ」の使い方・例文」を解説!/

「薹が立つ」の使い方・例文

「薹が立つ」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.春先の山菜はすぐに薹が立ってしまうから毎日早朝から収穫に行くんだよ。
2.仕事一筋の娘はすでに薹が立ったと言わざるをえない。親としては心配だ。
3.薹が立ったと言われ続けていたが、良縁に恵まれ結婚することになった。

「薹が立つ」を使った例文を3つ紹介しました。それぞれ解説していきます。

1つめの例文では、野菜の食べごろを表す言葉として「薹が立つ」を使いました。山菜は特に成長が早いので、薹が立つ前にすばやく収穫して旬の美味しさを楽しみたいですね。

2つめと3つめの例文では、婚期について「薹が立つ」を使いました。2つめの例文は親、3つめの例文では本人の視点から述べています。両方とも女性に対して「薹が立つ」を使いましたが、男性に対しても使えないことはありません。ここでは婚期に限定しましたが、仕事面について使うと男性が対象でもしっくりくる表現ができそうです。

「薹が立つ」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 58274965

次に「薹が立つ」の類義語をいくつか紹介します。

その1「旬を過ぎる」

「旬」は「魚介、果物、野菜など、季節の食べ物が出盛りで、最も味の良い時期。また、物事が新鮮味を失っていない時。」という意味です。「旬を過ぎる」とは、そうした時期を過ぎることを意味します。「薹が立つ」の同義語と言えるでしょう。

\次のページで「その2「人気が落ちる」」を解説!/

その2「人気が落ちる」

「旬を過ぎる」と似たような意味ですね。

人気が最高潮だった時期と比べて、だんだん低下してきているということです。「ピークを過ぎる」とも言い換えられます。食べ物に対して旬を過ぎたから人気が落ちるとは使いませんが、人に対しては使えそうですね。

その3「輝きを失う」

「最盛期の輝きがなくなる、失われる」という意味です。

食べ物でも人でも、最も旬な時期には他を寄せ付けない輝きがあります。いわゆる「絶好調」の時期ですね。そのときの輝きは多くの人を魅了するものですが、それは永続するものではありません。輝きが失われると、人気が落ちたり、ピークは過ぎたと言われたりします。一番良い時期を過ぎたという意味で「薹が立つ」の類語と言えるでしょう。

「薹が立つ」の対義語は?

次に「薹が立つ」の対義語(反対語)をいくつか紹介します。

その1「最盛期を迎える」

文字通り、最も盛んな時期を迎えるという意味です。

「最盛期」は食べ物や人物、物事にも使える汎用性の高い言葉ですね。これは、食べ物は「時期」、人物は「年代」、物事は「時代」とそれぞれ異なる時間軸で使われます。「薹が立つ」には「盛りが過ぎる」の意味があるので、「最盛期を迎える」はまさに「薹が立つ」と対照的な言葉です。

その2「刈り入れ時」

穀物などの収穫時期に使う言葉です。

稲や麦などが成熟すると、鎌を使って根元から刈り取ります。収穫期ですから、まさに旬な時期と言えますね。

ちなみに似たような言葉で「書き入れ時」という言葉があります。これは、商売が繁盛した時に帳簿にたくさん書き入れることが由来した言葉です。「薹が立つ」に、商売が繁盛するという意味は当てはまらないので、今回は除いています。

その3「妙齢」

読み方は「みょうれい」です。

「若い年頃の女性」という意味があります。「薹が立つ」の「年頃が過ぎる」という意味の対義語として挙げました。「妙齢の婦人」などと使い、年齢、結婚の有無に限りはありません。ざっくりと「若い年頃の女性」を表す言葉です。

\次のページで「「薹が立つ」の英訳は?」を解説!/

「薹が立つ」の英訳は?

image by PIXTA / 78379859

最後に「薹が立つ」の英訳を2つ紹介します。

その1「go [run] to seed」

「花が過ぎる、種ができる」「盛りを過ぎる、衰える」という意味のフレーズです。

「seed」「種」を意味します。「go to seed」は直訳すると「種になる、種になっていく」という意味なので、すでに花は咲き終えている状態です。「花が過ぎる、種ができる」はそのままの意味ですね。

「盛りを過ぎる、衰える」はそこから転じて生まれた意味です。花が咲いている時期を旬とすると、花が枯れるのは「盛りを過ぎる」ことを表します。これは植物だけでなく、人や物事の状態のたとえとしても使えますね。

その2「have passed one's prime」

「最盛期を過ぎた」という意味です。

「prime」は名詞で「全盛、盛期、青春」といった意味があります。「have passed」現在完了形で「過ぎた(過ぎ去った)」です。現在完了形なので、単に過ぎたというよりは過ぎ去った・終了したという意味合いが含まれます。

これらを組み合わせると「(誰々の)全盛期は過ぎた」という意味になりますね。

「薹が立つ」を使いこなそう

この記事では「薹が立つ」の意味・使い方・類語などを説明しました。あまりなじみのない言葉でしたが、しっかり理解できたでしょうか?わからない部分があれば是非見直してみてくださいね。もし時間がない、パッと済ませたいというときには、目次に目を通すだけでも大丈夫です。記事の内容がまとまっているので復習にもおすすめですよ。

" /> 【慣用句】「薹が立つ」の意味や使い方は?例文や類語を早稲田文学部卒Webライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「薹が立つ」の意味や使い方は?例文や類語を早稲田文学部卒Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「薹が立つ」について解説する。

端的に言えば薹が立つの意味は「旬を過ぎる」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

早稲田大学文学部で日本文学・日本語学を学んだぽん太を呼んです。一緒に「薹が立つ」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ぽん太

早稲田大学文学部で日本語学と日本文学を学び、中高国語科の教員免許も取得している。これまで学んだ知識を生かして、難解な言葉をわかりやすく解説していく。

「薹が立つ」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 75994239

それでは早速「薹が立つ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「薹が立つ」の意味は?

「薹が立つ」を国語辞典や漢字辞書で検索すると、次のような意味がありました。

1.野菜などの花茎が伸びてかたくなり、食用に適する時期を過ぎる。
2.盛りが過ぎる。年ごろが過ぎる

出典:デジタル大辞泉(小学館)「薹が立つ」

読み方は「とうがたつ」です。

野菜の食べごろの時期が過ぎることや、主に女性の婚期について盛りが過ぎるという意味があります。

この「薹」という難しい漢字は「ふきのとう」の「とう」です。ふきのとうは冬の終わりにちょこんと芽を出すつぼみのような山菜ですが、これはふきの花の部分に当たります。花が咲いた後に下から茎、つまり私たちが「ふき」として食べる部分が生えてくるのですが、この花と茎の間にある台座部分が「薹」です。

ふきのとうは、蕾がキュッと締まっているものが食べごろと言われています。大きく花が咲いて下から茎が生えてきたものは、苦味が強すぎて食用には向きません。つまり、薹が開いて花が咲いたふきのとうは食べごろを過ぎてしまっているのです。

「薹が立つ」の語源は?

次に「薹が立つ」の語源を確認しておきましょう。

ふきのとうなどの食べごろは花が開く前のつぼみの時期です。これを過ぎると食用には適しません。「薹」は「フキ・チサなどの野菜類の、花のつく茎がのび出たもの。花のつく台座。」という意味で、薹が出てくる頃のふきのとうは花が咲いて食べごろを過ぎてしまうことがわかります。ここから「薹が立つ」は「食べごろ、旬を過ぎる」という意味になりました。

そこから転じて、男女の婚期についても同様の意味で使われます。しかし、ほとんどは女性に対してで、決して良い意味ではありません。「薹が立つ」を使う場合には、相手を傷つけてしまうリスクもきちんと考える必要があります。

\次のページで「「薹が立つ」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: