国語言葉の意味

【慣用句】「口が裂けても」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「口が裂けても」について解説する。

端的に言えば口が裂けてもの意味は「秘密は絶対に漏らさない決意」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

多くの学術書を読み、豊富な知識をもつハヤカワを呼んです。一緒に「口が裂けても」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

「口が裂けても」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「口が裂けても」の意味や語源・使い方を一覧でご紹介していきます。またその他「口が裂けても」は分類としては日本語の慣用句であるという点も抑えておきましょう。

「口が裂けても」の意味は?

「口が裂けても」というキーワードを国語辞典・辞書・事典、ネット上の無料データベースサービス「コトバンク」で用語検索してみると、次のような記載があります。こちらの引用をまず閲覧していきましょう。

1.秘密などを決してもらさない決意を表すのにいう言葉。「口が裂けても言えない」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「口が裂けても」

「口が裂けても」は秘密を絶対に漏らさないという決意を表現する際に使われている口上です。「口が裂けても言えない」といった形で使われることが多く、秘密をもっている人が、その内容を漏らすことは絶対にできないと伝えています。文章中、もしくは口語でも時折使われることがありますね。

どんなことがあろうと、例え口が裂けたとしても、その件について話すことはできない。「口が裂けても」はこうした決意を表す言葉です。古風な言い回しですが、現代でも偶に使われることがあります。「口が裂けても」の意味・使われている状況・使用頻度をしっかり覚えておきましょう。

「口が裂けても」の語源は?

次に「口が裂けても」の語源を確認しておきましょう。「口が裂けても」の語源は未だハッキリとはわかっていません。古くから「絶対に人には言えない」という意味で使われていた慣用表現となっていますが、正確にいつ頃から使われだしたのかは分かっていないようです。

「口が裂けても」は仮に口が裂けたとしても話せない、という意味を表しており、古くは拷問のなかで口を裂かれたとしても話すことはない、といった形で使われていたのではないでしょうか。慣用表現には「石を抱かされても」など、拷問由来の表現も多くあり、「口が裂けても」もその一部かもしれません。

\次のページで「「口が裂けても」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: