国語言葉の意味

【慣用句】「口から先に生まれる」の意味や使い方は?例文や類語を早稲田文学部卒Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「口から先に生まれる」について解説する。

端的に言えば口から先に生まれるの意味は「おしゃべりな人物をあざけって使う言葉」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

早稲田大学文学部で日本文学・日本語学を学んだぽん太を呼んだ。一緒に「口から先に生まれる」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ぽん太

早稲田大学文学部で日本語学と日本文学を学び、中高国語科の教員免許も取得している。これまで学んだ知識を生かして、難解な言葉をわかりやすく解説していく。

「口から先に生まれる」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 50347845

それでは早速「口から先に生まれる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「口から先に生まれる」の意味は?

「口から先に生まれる」を国語辞典や漢字辞書で検索すると、次のような意味があります。

口数の多い者や口の達者な者をあざけっていう言葉


引用:コトバンク ー デジタル大辞泉(小学館)「口から先に生まれる」

「口から先に生まれる」は日常会話でも登場することの多い慣用句です。おしゃべりな人に対して使う言葉ですが、決して良い意味ではありません

意味にある「あざける」とは「見下して悪口を言う、ばかにして笑う」という意味です。漢字で書くと「嘲る」で、この字は「嘲笑」にも使われていますね。さげすんだ笑い、ばかにした笑いと取られる言葉なので、使い方には十分注意したいところです。

「口から先に生まれる」が使われる場面といえば、冗談まじりに「あの子は口から先に生まれたみたいだね」と友達や親戚が言うようなイメージがあります。本人はたとえ冗談で言ったとしても、言われる側はあまり嬉しいものではありませんね。相手との関係性やタイミングをよく考えて使ってください。

「口から先に生まれる」の使い方・例文

「口から先に生まれる」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: