国語言葉の意味

【ことわざ】「口から高野」の意味や使い方は?例文や類語を早稲田文学部卒Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「口から高野」について解説する。

端的に言えば口から高野の意味は「口をつつしまないために大きな失敗をすること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

早稲田大学文学部で日本文学・日本語学を学んだぽん太を呼んだ。一緒に「口から高野」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ぽん太

早稲田大学文学部で日本語学と日本文学を学び、中高国語科の教員免許も取得している。これまで学んだ知識を生かして、難解な言葉をわかりやすく解説していく。

「口から高野」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 63781309

それでは早速「口から高野」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「口から高野」の意味は?

「口から高野」を辞書などで検索すると、次のような意味がありました。

口が災いのもとになって高野山で坊主にならなければならなくなる意で、口をつつしまないため大きな失敗をすることにいう。

出典:精選版 日本国語大辞典「口から高野」

「くちからこうや」と読みます。「高野」はたかのではないので注意しましょう。

口が災いの元となって、高野山で坊主にならなければならないという意味です。そこから転じて、口をつつしまないために大きな失敗をすることのたとえとして使われています。

ここでは、出家して高野山へ行くのは大きな失敗で、避けたいこととして挙げられていますね。

和歌山県の高野山にある金剛峰寺は、真言宗の開祖である空海(弘法大師)が開いた真言宗総本山の寺院(出典:ブリタニカ国際大百科事典)です。つまり、高野山に行くとは、とても歴史あるお寺で修行するということになります。金剛峰寺での修行がとても過酷なものであることは想像がつきますね。

「口から高野」は、「日本でも有数の歴史あるお寺で修行して心身を鍛え直さなければならないほどの失言」といったように、高野山を一つのたとえとして用いたことわざと考えられます。

「口から高野」の語源は?

次に「口から高野」の語源を確認しておきましょう。

「口から高野」は「うっかりした言葉がもとで、出家して高野山へ行かなければならなくなる意から(出典:デジタル大辞泉)」できたことわざです。

文献だと、江戸時代の洒落本・繁千話に「口から高野へ参ったかと後悔すれどせんかたなく」という文章で登場しています。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: