言葉雑学

「すいません」は誤り?「すみません」との違いは?語源や使い分けを日本語大好きWebライターがわかりやすく解説

この記事では「すいません」と「すみません」の違いについてみていきます。
どちらも謝罪するときやお礼を言うときに頻繫に使う言葉ですが、自然と口にしているだけに、その違いを意識することは少ないよな。
たった一文字の違いですが、そこには使用する際の明らかな違いがあるようです。これらの言葉の違いや語源について、語学が大好きなWebライターおとのと一緒に解説していきます。

ライター/おとの

日本語の美しさと面白さについて学ぶのが大好きな語学オタク。小説や歌詞で素敵な表現に出会うととてもテンションがあがる。今回は英語表現にも食指を動かして調べてみた。

「すみません」と「すいません」はどちらが正しい?

image by iStockphoto

「すみません」や「すいません」は日常的によく使う言葉です。謝罪するときはもちろん、お礼を言うときや呼びかけるときにも使用しますね。しかしこの二つの言葉の微妙な違いを意識したことはありますか?言葉として正しいのはどちらなのか。それぞれの語源や成り立ちを含めて解説します。

「すみません」の語源

まずは結論から。語法として正しいのは「すみません」です。その理由は語源を知ると分かりやすいので、以下で解説していきますね。

「すみません」の語源は「済む」「澄む」の二つの動詞です。まずは「済む(澄む)」に打ち消しの助詞である「ぬ」をつけて「すまぬ」となります。さらに敬語にすると「すみませぬ」。この言葉が現代に至るまでに「すみません」と変化したのです。

「すいません」の成り立ち

正しいのは「すみません」なのに、何故「すいません」も広く使われているのでしょうか。その理由は単純。こちらの方が言いやすいからです。

このような変化を音便と言います。簡単に説明すると、言葉の音を発音しやすいように変化させることです。「すみません」の「み」を音便によって「い」に置き換えた結果「すいません」が生じました。つまり「すいません」は口語。日常会話で使うぶんには問題ありませんが、メールや手紙では使用できないので注意しましょう。

「すみません」と「ごめんなさい」の違い

「すみません」と「すいません」の違いは簡単でしたね。では、次は同じく謝罪の意味を持つ「ごめんなさい」と比較してみましょう。

「すみません」の語源は上記のとおり「済む(澄む)」で、次のような意味を持ちます。

[動マ五(四)

 物事がすっかり終わる。「契約が—・む」「株主総会が無事に—・んだ」

 借り全部返す。「借金が—・む」

 予想していた程度以下や範囲内で収まる。解決される。また、その場はそれで用が足りる。間に合う。「幸い、軽傷で—・んだ」「電話一本で—・むことだ」「罰金だけで—・んだ」

 気持ちのうえで満足する。気持ち安らぐ。「君の気が—・むまでなぐってくれ」

 他人に対して言い訳が立つ。多く打消し反語の意を表す語を伴って他人に謝罪する際に用いる。「ほんとに—・まなかったね」「あやまって—・む問題ではない」→済まない →済みません

(出典:デジタル大辞泉 / 小学館)

\次のページで「ビジネスで「すみません」は使っても良い?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: