国語言葉の意味

【ことわざ】「生ある者は必ず死あり」の意味や使い方は?例文や類語を超読書家Webライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「生ある者は必ず死あり」について解説する。

端的に言えば生ある者は必ず死ありの意味は「生物は必ず死ぬ」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

絵本から専門書まで読み漁る本の虫、シクロを呼んだ。一緒に「生ある者は必ず死あり」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/シクロ

絵本から専門書まで読み漁る本の虫。塾講師の経験もあり、難関校への合格実績も多数。

読めども読めども本を読む時間が足りず、一日がもっともっと長ければ良いのにと願う日々。

「生ある者は必ず死あり」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

ことわざの中には世の中の心理を指す言葉もたくさんあります。そして時には命に触れるような言葉に出会うこともあるでしょう。今回触れる言葉はそんな言葉の一つです。

それでは早速「生ある者は必ず死あり」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「生ある者は必ず死あり」の意味は?

「生ある者は必ず死あり」には、次のような意味があります。

1.どんなものでも生命ある者は死をまぬがれることはできないということ。

出典:用例でわかることわざ辞典(学研出版)「生ある者は必ず死あり」

生きているものはいつか必ず死を迎える。このことに異を唱える方はいないでしょう。不確かなものが多いこの世の中で数少ない絶対が命の終わりというのは何とも考えさせられるものがあります。

動物を飼った経験がある方はそのお別れを知っている方も多いことでしょう。また、動物だけでなく植物についても同様です。筆者は実家の近くに緑が多くあり、庭にも種々の樹木が植えられていました。毎年花をつけては散る様子を見て、儚さとその中にある美しさを感じたものです。

いつか死という終わりが訪れるという真理を述べるこの言葉ですが、終わりがあるからこそ終わりまでの関係を考えて過ごすよう訴えかけているのかもしれませんね。

「生ある者は必ず死あり」の語源は?

次に「生ある者は必ず死あり」の語源を確認しておきましょう。この言葉の出典は君子の「陽子法言」であり、儒教思想に基づく書物の一つです。儒教の思想は「礼」や「仁」といった、他社への思いやりや礼儀、徳の上に成り立つ人格を目指すもの。この機会に是非調べてみてください。

このような思想の中から発せられた「生きる者は死をまぬがれない」という言葉にどのような想いや意味が込められているかを想像すると、過去の人物がどのようなことに喜び、どのようなことに悩んだのかという共感が得られそうですね。

人間の脳の作り自体は数千年という歴史ではそれほど大きな変化がないことからも、案外似たような考え方をしていたかもしれません。故事成語や古い書物を出典とする言葉と出会った時は、その時代背景などに想いを寄せるのも楽しみの一つです。

\次のページで「「生ある者は必ず死あり」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: