国語言葉の意味

【慣用句】「勝負は時の運」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「勝負は時の運」について解説する。

端的に言えば勝負は時の運の意味は「実力がある方が勝つとは限らずその時の運命で決まる」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好きで歴史好き、名古屋出身で6年間のライター経験を持つeastflowerを呼んです。一緒に「勝負は時の運」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/eastflower

今回の記事を担当するのは語学好きで英語、中国語が得意な6年目のライター、eastflower。「勝負は時の運」の言葉の起源やどんな場面で使えるのかをわかりやすく解説していく。

「勝負は時の運」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「勝負は時の運」(しょうぶはときのうん)の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「勝負は時の運」の意味は?

まずは、「勝負は時の運」の辞書の意味を見ていきましょう。

1.戦いの勝ち負けはその時の運命によるもので、必ずしも強い者が勝つとは限らない。

出典: 日本国語大辞典(精選) 「勝負は時の運」

「勝負は時の運」(しょうぶはときのうん)は国語辞典に示されている通り、「必ずしも強い者が勝つとは限らない」という意味で、「勝ったからといって威張(いば)ったり、驕(おご)るべきものでもないし、負けたからといってそれほど落胆すべきものでもない」のです。

「勝負は時の運」は、勝者には自身を戒(いまし)めるように促す場合に使われ、敗者に対しては慰め(なぐさめ)の言葉として使われる場合が多いですね。

「勝負は時の運」の語源は?

次に「勝負は時の運」の語源を確認しておきましょう。
「勝負は時の運」は古典文学の「太平記」(たいへいき)に記された言葉だったと言われています。「太平記」とは、1318年に後醍醐天皇(ごだいごてんのう)が即位して、鎌倉幕府を討伐する時代から、当初、後醍醐天皇を担いでいた足利尊氏(あしかがたかうじ)が立ち上がり、朝廷が南北に分かれ、尊氏が室町幕府を開くまでの期間を中心に描かれた物語です。

その間、足利尊氏は数々の戦いを経験してきており、時には勝利し、時には敗れることもあったことでしょう。敗北した場合でも、足利尊氏は「勝負は時の運」と言って、家臣を励ましたのかもしれませんね。

\次のページで「「勝負は時の運」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: