この記事では「一の裏は六」について解説する。

端的に言えば一の裏は六の意味は「悪いことの後には良いことがある」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

絵本から専門書まで読み漁る本の虫、シクロを呼んです。一緒に「一の裏は六」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/シクロ

絵本から専門書まで読み漁る本の虫。

ボードゲームやテーブルゲームを嗜むものの、ひたすらに出目が悪くて頭を抱える日々。とは言いつつ、勝ち負けに拘らず出目の悪さもネタにして楽しむ。

「一の裏は六」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

一の裏は六という言葉を知っているでしょうか。筆者はこの言葉に出会ったのは若き日にテーブルゲームで遊んだ時が最初です。

言葉から推測できる通り、さいころを起源とする言葉ですが、日常でも使える場面はたくさんあります。語源と言い響きと言い、そこはかとなくお茶目な印象な言葉ですので、日常で使いこなせればお茶目な印象を与えらるかもしれませんよ。

それでは早速「一の裏は六」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「一の裏は六」の意味は?

「一の裏は六」には、次のような意味があります。

1.悪いことのあとには必ず良いことがあるということのたとえ

出典:用例でわかることわざ辞典(学研出版)「一の裏は六」

「一の裏は六」の読み方は「いちのうらはろく」です。全く捻りもなく簡単なため、辞書要らずですね。

人生の中では良いことも悪いこともあり、それがどのように起こるのかは全く予想ができません。良いことが続くこともあれば悪いことが続くこともあります。そんな中、悪いことが起きた際に励ましの言葉として使うことができるのが、この「一の裏は六」という言葉です。

「一の裏は六」の語源は?

次に「一の裏は六」の語源を確認しておきましょう。

この言葉の語源は皆さんもご存じのさいころです。六面のさいころを見たことがある方はさいころの裏表が合計で七になることはご存じかと思います。実際に一の目の裏を確認すると六の目になっていますね。この一番低い目の裏が一番高い目になっている状態から、悪いことの後には良いことが起きるという言葉が生まれました。

ちなみに、現代ではさいころの対面の合計が七になるのは当たり前ですが、昔はそうではなかったことをご存じでしょうか。さいころの起源は古代エジプトや古代インドと諸説ありますが、古代のさいころは対面の合計が七ではないものが多くみられます。また、日本でも明治時代の一部のさいころは対面の合計が七ではなかったそうですよ。驚きですね。故事や歴史を調べるとこのような発見があるため、皆さんも是非様々なものを一歩掘り下げてみてください。

\次のページで「「一の裏は六」の使い方・例文」を解説!/

「一の裏は六」の使い方・例文

「一の裏は六」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.友人が今日の国語の授業で一番最初の発言者に指名されてしまった。授業後に一の裏は六の精神だと慰めておこう。
2.脳梗塞で入院することとなった。幸い早期の発見で治療により十分再起可能なため、一の裏は六の精神で過ごす所存だ。

例文1では運悪く授業で指名されてしまった友人に対し、慰めの言葉として「一の裏は六」という言葉が使用されています。少々運が悪かった出来事にちょうど良い励ましの言葉としてしっくりと来る感じがしますね。

例文2では一転、脳梗塞という重い病気に対して「一の裏は六」という言葉が使われています。このように重大な事柄に対して使用する場合、主に遊戯で使用されるさいころを語源にした言葉が登場することで、重苦しい空気が多少緩和される印象です。

このように言葉の語源や響きによって全く違った場面で活用できる上、その効果も場面と合わせた化学反応を狙うことができます。とは言え、後者の例については不幸に見舞われた本人が使用するからこそ雰囲気が軽くなる効果があるものですので、慰める立場になった際はもっと適切な言葉がないか、その言葉で良い間柄かと言った気遣いの上で使ってあげてください。

「一の裏は六」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 57919289

「一の裏は六」の意味は「悪いことの後には良いことが起きる」でしたね。この言葉と同じ意味を持つことわざや慣用句は果たして。皆さんの脳内辞書を検索して、どのようなワードが出てきましたか。

それでは一の裏は六の類義語を確認しましょう。

「悪の裏は善」

一の裏は六の類義語は「悪の裏は善」です。この言葉も裏と言う言葉が出てくることから不思議な関連性があるかのような錯覚を受けますね。意味としては一の裏は六と全く同じで、「悪いことの後には良いことが起きる」という意味です。尚、善の裏は悪という言い方もあります。

その他としては「禍福は糾える縄の如し」という言葉も類義語として使うことができるでしょう。禍福という単語の意味は不幸な出来事と幸運な出来事という意味です。糾うとは縄をより合わせるという用語ですので、「良い出来事と悪い出来事は交互に起こるものだ」という意味となります。

少々馴染みのない漢字が出現する言葉ではありますが、それ故に憶えておくと格好良く使うことができるでしょう。また、似た言葉として「善悪は水波の如し」という言葉もありますよ。言葉の響きで重厚感も全く違った印象を残せることこそ、やはり言語の妙と言えますね。

\次のページで「「一の裏は六」の対義語は?」を解説!/

「一の裏は六」の対義語は?

一の裏は六の言葉の意味は「悪いことの後には良いことが起きる」でした。つまり対義語は「良いことの後には悪いことが起きる」と言う意味の言葉となります。さて、このような意味をキーワードとして、皆さんの頭にはどのような言葉が浮かんできましたか。

それでは対義語を確認しましょう。

「いい後は悪い」

一の裏は六の対義語は「いい後は悪い」です。何ともシンプルな言葉ですね。シンプルなことわざランキングがあったとしたら、デイリーから週間、月間まで上位を独占してしまいそうなくらいのシンプルさです。

先程の類義語でもご紹介しましたが、対義語の捉え方として「悪いことばかりが続くわけではない」という意味でとらえる場合、先ほどご紹介した「禍福は糾える縄の如し」という言葉も使用することができるでしょう。この言葉も多くの類語を持ち、一例として「人生山あり谷あり」という言葉を挙げることができます。人生には様々なことが起こるというのは人類の歴史で積み重なり多くの先人が体験しましたから、この意味の格言が多く存在することも納得です。

「一の裏は六」の英訳は?

image by iStockphoto

一の裏は六の意味はもう皆さんの頭の中にしっかりと刻み込まれたことと思います。ここで英訳も確認し、さらに上位のことわざユーザーになってしまいましょう。

それでは「一の裏は六」の英訳を確認しましょう。

「Every cloud has a silver lining.」

一の裏は六の英訳として「Every cloud has a silver lining.」という言葉が使用できるでしょう。この言葉を直訳すると「雲の裏は銀色である」となります。どんよりした雲もその上は晴れているということから、意訳の一例としては「苦の後に楽あり」などが挙げられるでしょう。少々気障に訳すとしたら「止まない雨はない」なども良いと思います。

ちなみに「lining」の意味は服の裏地を主に指し示す言葉です。この言葉を知っていた方は「Every cloud has a silver lining.」と言う言葉の意味の大きなヒントになっていたことでしょう。とにもかくにも簡単な単語で構成されている英語である上に、不幸な出来事に対する激励の言葉であることから使用できる場面は多いです。しっかりと憶えてここぞという時に口から自然と出るように練習しておきたいですね。

「一の裏は六」を使いこなそう

この記事では「一の裏は六」の意味・使い方・類語などを説明しました。

一見シンプルかつ簡単な言葉であり、語源となったさいころも身近なもので親しみやすい言葉です。類義語や対義語も多くありますので、是非、皆さんの頭の中の「精選ことわざ辞典」を更新してみてください。ことわざは編集の都合上、収録されている言葉が千差万別で辞書ごとの新たな出会いが多いですよ。

余談となりますが、「一」と「六」を五十音で考えた際、「一」は先頭に近い位置であり「六」は最後尾に近い位置であることも中々運命的なものを感じています。こういった視点で言葉と向き合うのも乙なものですね。

" /> 【ことわざ】「一の裏は六」の意味や使い方は?例文や類語を超読書家Webライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【ことわざ】「一の裏は六」の意味や使い方は?例文や類語を超読書家Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「一の裏は六」について解説する。

端的に言えば一の裏は六の意味は「悪いことの後には良いことがある」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

絵本から専門書まで読み漁る本の虫、シクロを呼んです。一緒に「一の裏は六」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/シクロ

絵本から専門書まで読み漁る本の虫。

ボードゲームやテーブルゲームを嗜むものの、ひたすらに出目が悪くて頭を抱える日々。とは言いつつ、勝ち負けに拘らず出目の悪さもネタにして楽しむ。

「一の裏は六」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

一の裏は六という言葉を知っているでしょうか。筆者はこの言葉に出会ったのは若き日にテーブルゲームで遊んだ時が最初です。

言葉から推測できる通り、さいころを起源とする言葉ですが、日常でも使える場面はたくさんあります。語源と言い響きと言い、そこはかとなくお茶目な印象な言葉ですので、日常で使いこなせればお茶目な印象を与えらるかもしれませんよ。

それでは早速「一の裏は六」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「一の裏は六」の意味は?

「一の裏は六」には、次のような意味があります。

1.悪いことのあとには必ず良いことがあるということのたとえ

出典:用例でわかることわざ辞典(学研出版)「一の裏は六」

「一の裏は六」の読み方は「いちのうらはろく」です。全く捻りもなく簡単なため、辞書要らずですね。

人生の中では良いことも悪いこともあり、それがどのように起こるのかは全く予想ができません。良いことが続くこともあれば悪いことが続くこともあります。そんな中、悪いことが起きた際に励ましの言葉として使うことができるのが、この「一の裏は六」という言葉です。

「一の裏は六」の語源は?

次に「一の裏は六」の語源を確認しておきましょう。

この言葉の語源は皆さんもご存じのさいころです。六面のさいころを見たことがある方はさいころの裏表が合計で七になることはご存じかと思います。実際に一の目の裏を確認すると六の目になっていますね。この一番低い目の裏が一番高い目になっている状態から、悪いことの後には良いことが起きるという言葉が生まれました。

ちなみに、現代ではさいころの対面の合計が七になるのは当たり前ですが、昔はそうではなかったことをご存じでしょうか。さいころの起源は古代エジプトや古代インドと諸説ありますが、古代のさいころは対面の合計が七ではないものが多くみられます。また、日本でも明治時代の一部のさいころは対面の合計が七ではなかったそうですよ。驚きですね。故事や歴史を調べるとこのような発見があるため、皆さんも是非様々なものを一歩掘り下げてみてください。

\次のページで「「一の裏は六」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: