国語言葉の意味

【慣用句】「口を極めて」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

その2「筆を尽くす」

「筆を尽くす」は全力を傾けて文章を綴るという意味をもった言葉となっています。こちらも「口を極めて」とよく似た意味をもった類義語となっていますね。こちらは文章を綴る際に使われている言葉となっており、口を極めてと使うシーンが違うという点に注意していきましょう。

その3「畳み掛ける」

「畳み掛ける」は相手に余裕をあたえず、次々と行うことを意味する言葉です。矢継ぎ早に質問するといった状況でも使われており、「口を極めて」と似た意味をもった類義語となっています。「畳み掛ける」は話すとき以外にも、様々な行為を立て続けに行う場面で使われている言葉です。

その4「言い募る(いいつのる)」

「言い募る」は調子に乗り出し、いよいよ激しく言うという意味をもった言葉です。人が勢いづいてしまい、どんどん饒舌にしゃべりだすような様子を指していますね。こちらも饒舌に・多弁に話すという意味のため、「口を極めて」と似た意味をもった類義語のひとつとなっています。

その5「言いたい放題」

「言いたい放題」は自分の言いたいこと・言い分を勝手気ままに話すことを意味する言葉です。相手への配慮などなく、自分の感情のままに言葉を相手に浴びせかける。「言いたい放題」はこうした様子を指して使われています。「口を極めて」とよく似た内容のこちらも、あわせて覚えておきましょう

「口を極めて」の対義語は?

つづいて「口を極めて」の対義語についても確認していきましょう。「口を極めて」には明確に対義語とされている語はありません。しかしその意味から連想してみると次の単語が思い浮かびます。

「言葉少な」

「言葉少な」は控えめに、あまり多く語らない様子を表す言葉です。「口を極めて」はありったけの言葉を用いて話すという意味をもっていましたが、こちらは逆の、少ない言葉で語るという意味をもった言葉となっていますね。「言葉少なに話す」など、形容する形で使います。こちらも覚えておきましょう。

\次のページで「「口を極めて」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: