国語言葉の意味

【慣用句】「世間は広いようで狭い」の意味や使い方は?例文や類語を校正者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「世間は広いようで狭い」について解説する。

端的に言えば「世間は広いようで狭い」の意味は「世間は広いようであるが、実際は思いのほか狭い」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

広告や書籍で13年の経験を積んでいる現役校正者の朱月を呼んだ。一緒に「世間は広いようで狭い」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

akatsuki

ライター/朱月

誤字脱字と日々格闘する、文学部出身の校正者。13年の校正経験を生かし、丁寧に解説する。

「世間は広いようで狭い」の意味や使い方まとめ

image by iStockphoto

「世間は広いようで狭い(せけんはひろいようでせまい)」という慣用句がありますが、使ったことはありますか?実際にそのようなシチュエーションに出くわしたことがある人もいるかもしれませんね。それでは早速「世間は広いようで狭い」の意味や使い方を見ていきましょう。

「世間は広いようで狭い」の意味は?

国語辞典によると、「世間は広いようで狭い」には次のような意味があります。

世間は広いようであるが、実際は思いのほか狭い。思いがけない所に知人やつながりのある人がいる場合などにいう。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「世間は広いようで狭い」

特に解釈が難しい漢字などもありませんし、すぐに理解できるのではないでしょうか。意外な場所で自分とつながりのある人に出会ってびっくりする、ということは誰にでもあります。「こんなところで知り合いに会うなんて」という驚きが「世間は広いようで狭いなあ」という感慨につながるのです。

「世間は広いようで狭い」の語源は?

「世間は広いようで狭い」には、明確な語源がないようです。わかりやすい単語の組み合わせですし、同様の体験をした人たちの間で言われ始め、やがて慣用句として使われるようになったのかもしれませんね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
akatsuki