国語言葉の意味

【慣用句】「世間が広い」の意味や使い方は?例文や類語を校正者がわかりやすく解説!

この記事では「世間が広い」について解説する。

端的に言えば世間が広いの意味は「交際範囲が広い」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

広告や書籍で13年の経験を積んでいる現役校正者の朱月を呼んです。一緒に「世間が広い」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/朱月

誤字脱字と日々格闘する、文学部出身の校正者。13年の校正経験を生かし、丁寧に解説する。

「世間が広い」の意味・使い方まとめ

image by PIXTA / 64025019

「世間が立つ」「世間ずれ」など、「世間」という言葉が使われた言葉や慣用句は色々とありますよね。それでは、「世間が広い」という慣用句を聞いたことはあるでしょうか?今回はこの「世間が広い」について、意味や使い方を見ていきましょう。

「世間が広い」の意味は?

「世間が広い」を国語辞典で引くと、次のような意味が載っています。

1.交際範囲が広い。つきあいが広い。
2.世間についての知識が広い。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「世間が広い」

「世間」という言葉を使う場合、多くは「人が集まり、生活している場」「社会、世の中」の意味で使うことが多いのではないでしょうか。辞書で「世間」を調べると、その他にも様々な意味が載っていますよね。中でも「世間が広い」の「世間」とは、「人々との交わり、交流・交際する範囲」をさしています。

交際範囲が広いということはすなわち、自分の活動範囲や交友関係の広さと等しいです。言葉の意味からも、そのイメージがつかめるのではないでしょうか。

「世間が広い」の語源は?

「世間が広い」には明確な語源がないようです。「自分と関わりのある範囲が広い」という文字通りの意味から、徐々に慣用句として使用されるようになったと考えられます。

「世間が広い」の使い方・例文

「世間が広い」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「世間が広い」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: