国語言葉の意味

【慣用句】「世間が狭い」の意味や使い方は?例文や類語を校正者が解説!

その1「世間が広い」

「世間が広い」は、「世間が狭い」と正反対の意味を持つ慣用句です。この言葉には「交際範囲が広い、付き合いが広い」「世間についての知識が広い」という意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:80文字

あの人は世間が広いから、パーティーではいつもたくさんの人に囲まれて談笑している。

ID: ↑パーツ内本文:40文字

その2「世故に長ける」

「世故(せこ)」に長(た)ける」という慣用句、あまり馴染みがない人も多いかもしれませんね。

「世故」とは「世の中の風俗や習慣など、世間の物事、ならわし」をいいます。「長ける」とは「ある方面にすぐれている」という意味ですね。「世故に長ける」で「世間の事情によく通じている」という意味になります。

ID: ↑パーツ内本文:147文字

おばあちゃんは世故に長けているから、何か困ったことが起きてもすぐに解決策をアドバイスしてくれる。

ID: ↑パーツ内本文:48文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

朱月が冒頭で「世間が狭い」と「世間は狭い」はまったくの別物といっていたので、少し補足しておくぞ。「世間は狭い」とは、「世間は広いようで狭い」という慣用句を略したものだ。「こんなところで知り合いに会うなんて、世間は(広いようで)狭いなあ」といった使い方をするぞ。「世間は狭い」のつもりで「世間が狭い」と言ってしまうと、まったく意味がわからなくなる。使う時には要注意だ。

ID: ↑パーツ内本文:183文字

「世間が狭い」を使いこなそう

この記事では「世間が狭い」の意味・使い方・類語などを説明しました。助詞を入れ替えただけの「世間は狭い」と混同しがちな言葉ですので、使い間違いには気をつけましょう。また、「世間が広い」は「世間が狭い」と対比して使える言葉ですので、こちらも合わせて覚えておくと便利ですね。

「使い方」の項目でも説明したように、この言葉はあまり良い意味で使われることがありません。自分ではなく人に対して「世間が狭い」と何気なく言ってしまうと、ひどい時は人間関係に支障をきたしかねないので、使う時は十分に注意しましょう。

ID: ↑パーツ内本文:249文字
1 2 3 4
Share:
akatsuki