国語言葉の意味

【慣用句】「世間が狭い」の意味や使い方は?例文や類語を校正者が解説!

「世間が狭い」の使い方・例文

「世間が狭い」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:50文字

1.友人はずっと地元で暮らしていて、県外に出たことがない。だから世間が狭いんだ。
2.日本を飛び出して海外のチームで活躍するようになって、今までの自分がいかに世間が狭かったかを思い知った。
3.この業界はプロと呼べる多様な人材がたくさんひしめいていて、世間が狭いと感じてしまう。

ID: ↑パーツ内本文:137文字

故郷や実家を離れて暮らしている人は、そうでない人に対して例文1のようなイメージを抱いたことはないでしょうか?相手が他の世界を知らないからといって、そのことが相手を見下す理由にはなりません。他者に向かって「世間が狭い」と言う場合は使い方に注意しましょう。

例文2は、自分自身のこれまでについて振り返っています。環境や考え方の異なる場所に身を置くことで、今までの自分がいかに小さい人間だったことか、と内省しているのです。

例文3は「肩身が狭い」の意味で使っています。優秀な仲間や色々と器用なタイプの同僚がいて、つい引け目を感じてしまったという経験はありませんか?

ID: ↑パーツ内本文:281文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

学校に通っている間は、間違ったことをしても注意されるぐらいで、ある程度は大目に見てもらえることが多い。だが一度外の世界に出ていくと、自分自身の力で道を切り開いていく必要があるよな。これまでと同じものの見方や考え方を頑なに守ってばかりいると、時代にも取り残され、段々と通用しなくなっていく。自分の世界に固執したままの人間ほど、「世間が狭い」という状況に陥りやすいように思うな。

ID: ↑パーツ内本文:187文字

「世間が狭い」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 26406210

ここからは、「世間が狭い」の類義語を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:27文字

その1「肩身が狭い」

「肩身が狭い」は、冒頭の語句の説明にもありましたね。「肩身」には「世間・他人に対する面目」という意味があります。「肩身が狭い」とは、「世間に対して面目が立たず、引け目を感じる」という意味をさす慣用句です。自分の立場や成績などが周りと比べて劣っていると感じたり、自分の身の丈と合わない環境に置かれたりした時に「肩身が狭い」と感じたことがある人もいるかもしれません。

ID: ↑パーツ内本文:181文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
akatsuki