ビジネス雑学

「弊社」「当社」同じじゃないの?意味の違いや使い分け方・類語の使い方を大手インフラ企業現役営業マンのライターがわかりやすく解説!

よぉ、桜木健二だ。この記事では「弊社」と「当社」の違いについてみていくぞ。

2つともビジネスシーンでよく使う言葉だな。端的に言えばどちらも「自分の会社」を意味する言葉のようだが、状況や相手によって使い方などが違うなど調べてみるといろいろと違いがあるみたいだ。

今回は、そんなビジネスシーンでは欠かせない言葉の違いを、それぞれの意味から確認しつつ、大手インフラ企業で現役営業マンのTAKAHIROと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/TAKAHIRO

大手インフラ企業に勤めている現役営業マンで、現在はライターとしても活動している。8年間の営業経験をもとにビジネス関連の解説が得意。

「弊社」と「当社」の意味の違いは?

image by iStockphoto

「弊社」「当社」という言葉の正しい意味を知っていますか?ビジネスシーンでは必ず使われる言葉ですよね。もしかすると意味を勘違いして使っている方もいるのではないでしょうか。それでは早速「弊社」「当社」の意味をみていきましょう。

「弊社」と「当社」の意味はどちらも「自分の会社」

ビジネスの場において、「弊社」と「当社」はどちらも「自分の会社」を指すときに使う言葉です。ニュアンスや使用シーンが大きく異なるため、使い方を間違わないためにも「弊社」「当社」のそれぞれの意味の違いをみていきましょう。

「弊社」は謙譲語で「当社」は丁寧語

「弊社」という言葉は謙譲語です。謙遜の意味を持っており、社外の相手に対して「自分の会社」のことをへりくだって表現する言葉になります。

また、「当社」という言葉は丁寧語です。「弊社」と同様に「自分の会社」を表す言葉ですが、社内もしくは競合他社などで相手との関係に上下関係がなく対等である場合に使用します。

もし、社外に対してどちらを使えば良いか迷った場合は、「弊社」を使っておけば無難でしょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「弊社」と「当社」のそれぞれの意味の違いについて理解することができたか?ちなみに「弊」という字は「疲れる・倒れる」という意味を持っており、「くたびれてボロボロ」の状態を表しているんだ。だから「弊社」は「くたびれてボロボロの会社」という意味を表す言葉になるが、実際に「くたびれてボロボロの会社」という意味ではなく、自身を下げることで相手に礼儀を示す日本ならではの表現というわけだ。

「弊社」と「当社」の使い分け方

それぞれの言葉の意味が理解できたところで、次に「弊社」と「当社」のより具体的な使い分け方についてみていきましょう。

\次のページで「社内の会話で使う場合は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: