学問雑学

3分でわかる芥川賞と直木賞の違い!どちらの賞が格上?文学好きライターがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では「芥川賞」と「直木賞」の違いについてみていくぞ。

どちらもよくメディアで、授賞式の様子を目にするよな。違いはズバリ選考の対象となる作品の種類のようで、芥川賞は「純文学」、直木賞は「大衆小説」に贈られるなど調べてみるといろいろ違いがあるみたいだ。

今回はそんな読書好きなら知っておきたい「芥川賞」と「直木賞」の違いを、作品の種類を確認しつつ、文学好きなライター熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
kuma55

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざま分野で活動している。書評や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし、書籍や歴史などの知識をわかりやすく解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:91文字

芥川賞と直木賞の違い

image by iStockphoto

実は読書好きの方でも、芥川賞と直木賞の違いをよく知らないという方が少なくありません。両賞の違いを知れば、今後授賞式の様子を楽しめるようになりますよ。この機会にしっかりと覚えましょう。

それでは早速、芥川賞と直木賞の違いをご紹介いたします。

ID: ↑パーツ内本文:120文字

芥川賞は新人へ与えられる文学賞

芥川賞は芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)の略で、優れた純文学を書いた新人に与えられる文学賞になります。雑誌(同人誌を含む)に発表された作品からの選出です。

芥川龍之介は日本を代表する純文学作家でした。代表作は『羅生門』や『蜘蛛の糸』で、学生時代に国語の教科書で読んだ方も多いのではないでしょうか。芥川は独創性のある短編小説を得意とし、後世に多くの傑作を残しました。

ID: ↑パーツ内本文:189文字

直木賞は優れた大衆小説へ与えられる文学賞

直木賞は直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)の略で無名や新人、中堅作家による、大衆小説に与えられる文学賞になります。エンターテインメント作品の単行本(長編小説もしくは短編集)が対象です。

直木三十五は日本の小説家、脚本家、映画監督でした。大衆小説を得意とし、直木賞作品を原作とした映画を数多く制作しています。エンターテイメントのスペシャリストと言っても過言ではないでしょう。代表作は『南国太平記』です。

ID: ↑パーツ内本文:204文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

純文学を代表する芥川龍之介や、大衆小説を代表する直木三十五のどちらも、月刊雑誌『文藝春秋』の発展に大きく貢献している。その功績を記念し、それぞれの名にちなんだ文芸賞が創設されたんだ。

ID: ↑パーツ内本文:91文字

純文学と大衆小説の違い

image by iStockphoto

先述の通り、芥川賞は純文学からの選抜、直木賞は大衆小説からの選抜です。しかし、その定義や違いをはっきりと説明できない方が多いのではないでしょうか。

より理解を深めるためにも、続いては純文学と大衆小説の違いについてご紹介いたします。

ID: ↑パーツ内本文:116文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
kuma55