国語言葉の意味

【慣用句】「足下を見る」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「足下を見る」について解説する。

端的に言えば足下を見るの意味は「人の弱みにつけ込む」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

多くの学術書を読み、豊富な知識をもつハヤカワを呼んです。一緒に「足下を見る」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

「足下を見る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「足下を見る」の意味や語源・使い方を一覧でご紹介していきます。またその他「足下を見る」は分類としては日本の慣用句であるという点も抑えておきましょう。

「足下を見る」の意味は?

「足下を見る」というキーワードを辞典・辞書・事典、ネット上の無料データベースサービス「weblio辞書」で用語検索してみると、次のような記載があります。こちらの引用をまず確認していきましょう。

1.相手の弱みにつけこむこと。緊急時に商品の値段を吹っかけるなど。

出典:実用日本語表現辞典「足もとを見る」

「足下を見る」は、相手の弱みにつけ込むことを指す慣用句です。相手の不利な立場を最大限利用して、自分に有利な交渉を進める様子などを表すことが多いですね。「足下を見る」はほかに「足元」・「足許」と書かれることもあります。こちらもあわせて覚えておきましょう。

なにか弱みを握られており、不公平な内容の交渉であっても、頷かざるを得ない。こうした様子を「足下を見られる」と表現します。交渉・商談の場で使われている言葉となっており、現在でもビジネスシーン・日常でも時折発言されることがありますね。

「足下を見る」の語源は?

次に「足下を見る」の語源を確認しておきましょう。「足下を見る」は昔の宿場・街道での出来ごとが由来だとされています。宿場・街道で旅人を待った、駕籠舁き・馬方といった職業の人々は、旅人の足下を見ることで相手の疲れ具合を測り、よほど疲れている様子と見ると法外な値段を要求しました。

相手が疲れていれば、それでも頷くと知っていた為です。こうしたところから相手の弱みにつけ込む様子を指して、「足下を見る」という慣用句は生まれました。「足下を見る」は古くから、現在と同様の意味で使われている言葉です。

\次のページで「「足下を見る」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: