理科生態系生物

生物基礎で必須!「ギャップ更新」って何?植生と遷移との深い関係とは?現役講師が簡単わかりやすく解説!

この記事では「ギャップ更新」という用語に着目していこう。

高校生であれば、「生物基礎」の授業内でこの言葉を耳にするでしょう。生態系や森林の遷移に関係するキーワードです。ギャップ更新の意味や、その重要性について確認していきたい。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

「ギャップ更新」は植生の遷移に関係している

はじめに桜木先生も少し触れてくれましたが、「ギャップ更新」という言葉は、生態系…中でも植生(しょくせい)の遷移(せんい)に深く関係している言葉です。ギャップ更新自体の解説をする前に、まずは”植生”というものについて確認しておきましょう。

植生とは?

植生とは、ある場所に生育している植物の集まりのことを指します。

”ある場所”というのは、森林や草原といった自然の環境だけをさすわけではありません。自宅の庭、畑、公園…人間の手が加わったところであっても、植物が生えていれば「植生が存在する」ということになります。

植生は場所によって異なる

image by iStockphoto

植生は場所によって大きく異なります。太くて背の高い樹木がメインとなっている森林のような植生もあれば、背の低い小さな植物しか見られないような植生もあるでしょう。公園の植え込みなんかであれば、人の手によって選ばれた花や低木が植えられているかもしれませんね。

\次のページで「植生の遷移」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: