国語言葉の意味

【慣用句】「臑を噛る」の意味や使い方は?例文や類語を早稲田文学部卒Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「臑を噛る」について解説する。

端的に言えば臑を噛るの意味は「経済的に自立できない子供が親の世話になる」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

早稲田大学文学部で日本文学・日本語学を学んだぽん太を呼んです。一緒に「臑を噛る」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ぽん太

早稲田大学文学部で日本語学と日本文学を学び、中高国語科の教員免許も取得している。これまで学んだ知識を生かして、難解な言葉をわかりやすく解説していく。

「臑を噛る」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 34176900

それでは早速「臑を噛る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「臑を噛る」の意味は?

「臑を噛る」には、次のような意味があります。

自分で独立して生活することができないで、親または他人に養ってもらう。

出典:コトバンク ー デジタル大辞泉(小学館)「臑を噛る」

読み方は「すねをかじる」です。難しい漢字なので読めない人も多かったのではないでしょうか。

「臑を齧る」というと、いい歳になった大人がお金も稼がず親に養われている情景が目に浮かびます。しかし、国語辞典の意味のとおり、本来「臑を齧る」は「自分で独立して生活することができないで、親または他人に養ってもらう」人全般を指すのです。したがって一人暮らしをしていない子どもも親の臑を齧っていることになります。

しかし、やはり「臑を齧る」は皮肉や嫌味として使われることが多いです。元々いい意味の言葉ではありませんが、ただの皮肉な意味だけではないことも覚えておくといいですね。

ちなみにすねは「脛」が一般的に使われますが、臑・脚・髄と書くこともあります。

「臑を齧る」の語源は?

次に「臑を齧る」の語源を確認しておきましょう。

「臑」は昔から労働によってお金を生み出す元の象徴として使われていた言葉です。昔の労働は主に立ち仕事だったため、その両足を支える臑は労働を支える元に例えられました。

「齧る」は「かたい物の端を歯でかみとる、歯を立てて削ぎとったり砕いたりすること」の意です。これらを組み合わせると、「臑を齧る」は親や他人が労働で得たお金をガリガリと削りとることを意味する言葉として生まれたことがわかりますね。

ちなみに「すね」を使ったことわざや慣用句はいくつもあり、「脛一本、腕一本」では労働の象徴、「子宝、脛が細る」では労働の対価であるお金の象徴として用いられています。

\次のページで「「臑を齧る」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: