国語言葉の意味

【慣用句】「諸手を挙げて」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師がわかりやすく解説!

この記事では「諸手を挙げて」について解説する。

端的に言えば「諸手を挙げて」の意味は「心から歓迎すること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

教師や講師としても教えることに関わってきた「やぎしち」を呼んです。一緒に「諸手を挙げて」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/やぎしち

雑学からビジネス文章まで手掛ける現役ライター。国語の中学・高校教諭の資格も持ち、予備校講師の経験も。言葉を大切にした文章を心掛けている。

「諸手を挙げて」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「諸手(もろて)を挙げて」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「諸手を挙げて」の意味は?

「諸手を挙げて」には、次のような意味があります。

無条件に、また積極的に歓迎する。「―・げて賛成する」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「諸手を挙げて」

この言葉は、「心から喜んで」「無条件で」と言う意味の慣用表現です。「すっかり納得して」などと言っても良いでしょう。

「諸手」とは次の語源の項で説明しますが「両手」のことです。「もろて」という読み方も覚えておきましょう。音読みをして「しょしゅ」とはなりません。

補足ですが「諸」という漢字について。「諸君(しょくん)・諸兄(しょけい)」という言葉で見たことがあるかもしれませんが、これらは主に男性に対して「皆さん」と呼び掛ける言葉で、「多くの」や「もろもろの」という「広い範囲」を意味しています。

今回「諸手」で使われている意味とは少し異なりますが、合わせて覚えてしまいましょう。

「諸手を挙げて」の語源は?

「諸手」とは「両手、両方の手」を意味します。両手・両腕を上に挙げるポーズを想像してみてください。バンザイの恰好ですね。思いっきりバンザイするのはどのような時だろうと考えると、意味もわかってくるはず。

この表現を使う時は、そんな思いっきり喜んでいる場面を選んでください。そのため、「諸手を挙げて悲しむ」のように、マイナス表現が続くことはないのもポイントです。

なお、この言葉は動作を表しているだけのため「諸手を挙げ」て「喜ぶ・歓迎する」など、動作を後ろに続ける必要があることも押さえましょう。

\次のページで「「諸手を挙げて」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: