国語言葉の意味

【慣用句】「餓鬼も人数」の意味や使い方は?例文や類語を漢検準一級ライターがわかりやすく解説!

この記事では「餓鬼も人数」について解説する。

端的に言えば餓鬼も人数の意味は「つまらない者でもいれば多少の効果があること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

漢検準一級を保有しており言葉に詳しいたきじを呼んです。一緒に「餓鬼も人数」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/たきじ

国立大学卒、漢検準一級保有のライター。高校時代の得意科目は国語と英語。漢字の意味やことわざ、熟語が好きで、新しい言葉を覚えるのが得意。

「餓鬼も人数」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 41667159

「餓鬼も人数」という慣用句をご存知でしょうか。なかなかにインパクトの強い言葉ですよね。子どもを表す「餓鬼」とう単語は現在でもよく使われますが、慣用句全体ではどんな意味になるのでしょうか。それでは早速「餓鬼も人数」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「餓鬼も人数」の意味は?

「餓鬼も人数」には、次のような意味があります。

1.つまらない者でも、いれば、多少の効果があることのたとえ。
2.取るに足りない者も多く集まれば、あなどりがたいことのたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「餓鬼も人数」

「餓鬼も人数」の読み方は、「がきもにんじゅ」です。「餓鬼」とは子どもを罵っていう言葉として知られていますが、そこから転じて広く弱い者を表しています。1のように、つまらない弱い者でもいないよりはいたほうが効果があるという意味や、弱い者でも多く集まればあなどれない力を発揮するという意味で使われる慣用句です。

「人数」は「にんじゅ」以外にも「にんず」「にんずう」と読む場合もあるので覚えておきましょう。ないよりはあったほうがましという状況は日常でもよくあることなので、なんとなくイメージしやすいのではないでしょうか。

「餓鬼も人数」の語源は?

次に「餓鬼も人数」の語源を確認しておきましょう。

「餓鬼」という言葉は元々仏教語で、生前の悪行の報いで餓鬼道に堕ちた亡者のことを表しています。「餓」という字は「飢え」、「鬼」という字は「死者」を意味しており「餓鬼」とは飢えに苦しむ亡者を表すようになりました。現在では子どものことをよく「餓鬼」と言いますが、これは飢えにより食べ物をむさぼるようすからきています。

このように「餓鬼」とは子どもを罵るときに使う言葉のため、あまりポジティブな意味はありません。感覚的にわかっているかと思いますが、日常生活ではあまり使わないのがベターです。

\次のページで「「餓鬼も人数」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: