国語言葉の意味

【慣用句】「肩にかかる」の意味や使い方は?例文や類語を元校閲者がわかりやすく解説!

この記事では「肩にかかる」について解説する。

端的に言えば「肩にかかる」の意味は「責任や仕事がかぶさってくる」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

建設系広報誌の企画や校閲を6年経験したMaicodoriを呼んです。一緒に「肩にかかる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Maicodori

建設系広報誌の企画・校閲などに6年以上携わり、言葉の意味や使い方を調べることが得意なWEBライター。年間100冊を超える豊富な読書量も活かし、「肩にかかる」の意味をわかりやすく伝える。

「肩にかかる」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 79474558

それでは早速「肩にかかる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「肩にかかる」の意味は?

「肩にかかる」には、次のような意味があります。

責任や仕事などが、その人にかぶさってくる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「肩にかかる

「肩にかかる」は「かたにかかる」と読み、責任や仕事などが人にかぶさる・降ってくる時に使用します。肩の上に何かが乗っているイメージをすると意味を覚えやすそうですね。

なお「かかる」を漢字で書く場合は「掛かる」です。合わせて覚えておきましょう。

「肩にかかる」の語源は?

次に「肩にかかる」の語源を確認しておきましょう。言葉の通り「肩」と「かかる」がくっついた言葉ですから、それぞれの意味を確認します。

まず「肩」は人間の部位を表していると考えて間違いありません。ただし類義語・対義語でもご紹介しますが、「肩の荷が下りる」、「肩が軽くなる」など「肩」には「責任」に関する慣用句が多く、実際に「肩」は「背負った責任」という意味も有しています。なぜ「肩」と「責任」が関連しているのか理由は明確ではないのですが、人間の方には神様が宿っていた、また肩に感情や体調が表現されやすいなどといった諸説があるようです。

一方「かかる」(掛かる)は非常に多くの意味を有する言葉ですが、ここでは「望ましくないことがこちらの身に及んでくる。身にふりかかる。」が該当するでしょう。

そのため「肩にかかる」を丁寧に言い回すと、「人間の方に望ましくないこと(責任や仕事)が降りかかる」となることがわかりますね。

「肩にかかる」の使い方・例文

「肩にかかる」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1. この前の新入社員歓迎会でいきなり社長から任務を言い渡されて、責任が肩にかかっているよ。

2. 我が社の未来の営業マンとして期待されているのかわからないけど、進行形の案件10件は仕事が肩にかかりすぎじゃないかな。

3. 若手の一人として、セールストークをしっかり身につけないと。多少仕事が肩にかかってきても大丈夫だよ。

例文1は「責任」が、例文2と3は「仕事」が降りかかって来ている又は将来的に来るさまを表現しています。このように、ビジネスシーンで良く用いられる言葉と言えるでしょう。

また「降りかかってくる」なので、意図せず・不可抗力で「責任」や「仕事」を背負うというニュアンスとなり、どちらかというとネガティブな・受け身な表現をしたい際に用いられます。

「肩にかかる」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 66131574

それでは次に、「肩にかかる」の類義語を3つほどピックアップしましたので、見ていきましょう。

1. 「肩が凝る」

今回ご紹介する最初の類義語が「肩が凝る」(かたがこる)です。念のため意味を確認しておきましょう。

1. 肩の筋肉が堅くなる。肩が張る。

2. 重圧を感じて気詰まりである。肩が張る。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「肩が凝る

「肩にかかる」の類義語としては、2つ目の意味ですね。ただし「肩にかかる」と比較すると、「肩が凝る」は「重圧」という責任と、気詰まりという「感情」の双方を表現しているという点でやや意味が異なります。なお「肩が張る」(かたがはる)という慣用句も同じ意味です。

このように「肩が凝る」は、良く日常的に使われる1つ目の「肩の状態」以外の意味もありますので、間違えないように覚えておきましょう。

2. 「肩を張る」

次の類義語が「肩を張る」(かたをはる)です。これも意味を確認しておきます。

威勢がよさそうに見せる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「肩を張る

「肩を張る」は「肩にかかる」とはやや意味が異なり、責任や仕事とは関係なく、「威勢が良さそうに見せる」という態度を表現する言葉です。前述した「肩が張る」と似ていますが、意味は異なりますので注意しましょう。

3. 「肩を竦める」

今回ご紹介する最後の類義語が「肩を竦める」(かたをすくめる)です。これも意味を確認しておきましょう。

1. 両肩を上げて身を縮こまらせる。恥ずかしい思いをしたときなどのようす。

2. どうしようもないという気持ちを表すために、両方の手のひらを上に向け、両肩をあげる。主として欧米人のしぐさ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「肩を竦める

「肩を竦める」は「肩にかかる」と比較すると、責任や仕事といったものではなく、「恥ずかしい」という感情や「身を縮こまらせる」といった状態を示す言葉です。「竦める」という漢字は中々見かけませんので、しっかりと読み方を覚えておきましょう。

「肩にかかる」の対義語は?

さて、同義語の次は対義語(反対語)を見ていきましょう。

1. 「肩の荷が下りる」

最初の対義語が「肩の荷が下りる」(かたのにがおりる)です。意味としては「責任や負担から解放されて楽になる」ですので、「肩にかかる」の反対の意味であることがわかりますね。ただし「肩にかかる」は「責任や仕事がふりかかる」という現在進行形の状態だったのに対し、「肩の荷が下りる」はなんらかの結果が得られた・何かが終了した状態を示しています。

2. 「肩が軽くなる」

2つめの対義語が「肩が軽くなる」(かたがかるくなる)です。こちらも意味を確認しておきましょう。

1. 肩の凝りが取れて軽く感じられる。

2. 責任や負担などがなくなって、ほっとする。肩の荷が下りる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「肩が軽くなる

このように、「肩が凝る」と対義関係の意味であることがわかります。「肩にかかる」の対義語としては2つ目の意味で、「肩の荷が下りる」とほぼ同じ意味ですね。

「肩にかかる」の英訳は?

image by PIXTA / 77208812

最後に、「肩にかかる」を英訳するとどうなるかを見ていきましょう。

「fall on」

「肩にかかる」に最も近い言い回しが「fall on」です。日本語の「肩」のニュアンスは無く、「(責任などが)降りかかる」という意味となります。以下に例文を見てみましょう。

・Regardless of my efforts,a lot of work from big clients falled on me.

自分の努力とは関係なく、大手の顧客から大量の仕事が肩にかかるよ。

・You have to get a lot of contracts this week to keep my ranking high. Responsibility will fall on you.

ランキング上位を保つため、今週も多くの契約を取らないといけないよ。責任が肩にかかるね。

「肩にかかる」を使いこなそう

この記事では「肩にかかる」の意味・使い方・類語などを説明しました。簡単に復習しておきましょう。

「肩にかかる」は責任や仕事などが人にかぶさる・降ってくる時に使用する言葉でした。類義語の「肩が張る」や「肩を張る」などは間違えやすいので、意味を確認しておきましょう。仕事でも自分の「肩にかかり過ぎている」と感じたときは、上司や仲の良い同僚に早めに相談すると良いかもしれませんね。

Share: