国語言葉の意味

【慣用句】「骨を抜く」の意味や使い方は?例文や類語を元国語科教員ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「骨を抜く」について解説する。

端的に言えば骨を抜くの意味は「性根をなくさせる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元国語科教員ライターのminを呼んだ。一緒に「骨を抜く」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
min0214

ライター/min

高等学校の国語科教員として、授業や受験対策、小論文の講座を3年間経験。主に現代文を担当し、言葉に関する指導を幅広く経験してきた。現在はWebライターとして活動中。

ID: ↑パーツ内本文:81文字

「骨を抜く」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 75729713

それでは早速「骨を抜く」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:32文字

「骨を抜く」の意味は?

「骨を抜く」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:22文字

骨(ほね)を抜・く
性根(しょうね)をなくさせる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「骨を抜く」

ほね‐ぬき【骨抜き】
1 調理で、魚や鳥などの骨を取り除くこと。
2 意見・計画などの肝心な部分を除き去ること。
3 気骨や節操などをなくさせること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「骨抜き」

ID: ↑パーツ内本文:143文字

骨を抜く」は「骨抜き」という言葉と同じ語源を持った言葉です。

まず「骨抜き」は、そのまま「魚や鳥の骨を抜く」という意味があります。その他、「主要な部分を取り去ること」「人の気骨(信念)や節操を抜き去ること」という意味もあり、どれもよく使われるものですので、セットで覚えておきましょう。

骨を抜く」は「骨抜きにする」の意味と同じです。辞書の意味で「性根」という言葉が使われていますが、これは「根本的な心の持ち方」や「正気」、さらに「物事の根本のこと」を指す言葉になります。「」の部分をうまく言い換えた言葉になっているので、こちらも覚えておきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:279文字

「骨を抜く」の語源は?

次に「骨を抜く」の語源を確認しておきましょう。

「骨を抜く」「骨抜き」の語源は、魚が背骨を抜かれる様子に由来しています。新鮮な魚でも背骨を抜かれると力が抜けたような状態になることから「気骨や節操を失くさせる」という意味や、「大事な部分を抜くこと」を指す表現として使われるようになりました。「骨を抜く」という言葉を覚える上では、この魚の背骨のイメージを浮かべるようにしておくと理解しやすいでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:199文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
min0214