国語言葉の意味

【ことわざ】「親の心子知らず」の意味や使い方は?例文や類語を文学部卒現役ライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「親の心子知らず」について解説する。

端的に言えば「親の心子知らず」の意味は「子供は親の気持ちに気づかず勝手な振る舞いばかりする」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

高校で国語教師をしていた経歴を持つ、現役ライターのhiyoriを呼んだ。一緒に「親の心子知らず」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/hiyori

大学で近現代日本文学を専攻し、その知識を生かして国語教師として教壇に立っていた経歴を持つ。現在はライターとして様々な情報を発信している。難しい言葉もわかりやすい説明で解説していく。

「親の心子知らず」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 60855388

「親の心子知らず」は誰しもが一度は聞いたことがある有名なことわざなので、当たり前に意味を知ってるよ!なんて人も多いはず。意味を知っている人が多いぶん、間違えた意味で使っていたり意味を知らないでいると恥ずかしい目にあってしまうことも。今回はそんな「親子心子知らず」について解説していきたいと思います。語源などや類義語も紹介するので意味をすでに知っている人も必読です!
それでは早速「親の心子知らず」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「親の心子知らず」の意味は?

「親の心子知らず」には、次のような意味があります。

子を思う親の心を子は察しないで勝手な振る舞いをする。

出典:大辞林 第3版(三省堂)

「親の心子知らず」は「おやのこころこしらず」と読むことわざです。みなさんは、「勉強しなさいなど」と親からあれこれ言われたり叱られたりしたことはありませんか?そんな時、子供からすると何でこんなに口うるさくするんだろう?と突っぱねたり反抗したりすることもありますよね。「親の心子知らず」はそんな状況を表します。子供は親の気持ちを理解できず、つい反発してしまいますが、勉強しなさいなどと親が子供へあれこれ言うのは子供の将来を願ってのこと。「親の心子知らず」は子供は親の心からの愛情を理解せず勝手に振る舞うことを意味することわざなのです。また、自身が親になってみないと親の気持ちは理解できないという意味でも用いられるのであわせて覚えておきましょう。
また、「親の心子知らず」は主に親子間で用いられることが多いですが、親子と同じくらい親しいと考えられる場合には、師匠と弟子、先生と生徒、上司と部下などの間柄でも使用することが可能です。

「親の心子知らず」の語源は?

次に「親の心子知らず」の語源を確認しておきましょう。「親の心子知らず」の由来は、室町時代前記に成立し、源義経の悲劇的な生涯を描いた一代記である「義経記」です。この「義経記」では、源義経の従者として有名な弁慶が登場し、「あはれや殿、おやのこころを子しらずとて、人の心は知り難し」というセリフがあります。現代語訳すると「親の心子知らずと申して、人の心は知り難いものです」になり、この弁慶のセリフが転じて、現在も使われる「親の心子知らず」になったと考えられているのです。

\次のページで「「親の心子知らず」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: