英訳英語

【英語】「だけれど」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

この記事では「だけれど」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「but」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

アメリカの州立大学を卒業したライターりおを呼んです。一緒に「だけれど」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/りお

アメリカの州立大学を卒業し、演劇で様々な英語表現を学んだ。アメリカでは小学生の特別支援の先生も経験し、英語だけでなく、教育上での英会話手話の基礎も経験。

「だけれど」の意味と使い方は?

それでは、「だけれど」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「だけれど」の意味

「だけれど」には、次のような意味があります。

1.[接]前に述べたことと相反することをいうときに用いる。そうではあるが。だけど。だけども。だけれど。「話はよく分かった。だけれども承諾するわけにはいかない」

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「だけれど」の使い方・例文

次に「だけれど」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1. 私はこの授業が好きだけれど、少し難しいのでテストの結果はあまり良くありません。

2. 子供を育てるのは夢だけれど、女性に対してサポートが少ないので、どうしてもキャリアを選んでしまう。

3. 節約をしたいのだけれど、無料サービスやセールに誘惑され、結局気付いたらお金を沢山使っている。

\次のページで「「だけれど」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: