国語言葉の意味

【慣用句】「国を売る」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者がわかりやすく解説!

この記事では「国を売る」について解説する。

端的に言えば、国を売るの意味は「自国の安全を犠牲にして他国に有利な行為をする」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んです。一緒に「国を売る」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「国を売る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「国を売る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「国を売る」の意味は?

「国を売る」には、次のような意味があります。

自分の利益のために、自国の安全などを犠牲にして、他国に有利な行為をする。
[補説]「国」は、国都(長安)の意とも、国家(の組織)の意ともいう。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「国(くに)を売(う)る」

「国を売る」の意味は、自らが利益を得るため、自分の国の利益や安全などを犠牲にし、他の国や敵国などの利益になるよう、有利な行為をすることです。故郷である国を追われたり棄てたりして他国に出るという意味も。

この「国」は、中国の国都だった長安を意味する、また、国家そのものや国家の組織という意味など、諸説があります。

似たような言葉に「売国」があり、この意味は、祖国に対するスパイ行為などをさすので、覚えておきましょう。

「国を売る」の語源は?

次に、「国を売る」の語源を確認しておきましょう。

「国を売る」という言葉の由来はよくわかりません。ただ、日本を含むどの国においても、争いごとが起きると、自国を害して敵国を利する、つまり利敵行為を行う人たち、いわゆるスパイが現れます。この人たちは、私利私欲を満たして満足感を得ることが主な目的です。売国奴と呼ばれることも。

福沢諭吉が記した有名な『学問のすゝめ』の中で「国民に独立の気力愈少なければ、国を売るの禍も随て益大なる可し」との一文も出てきます。

\次のページで「「国を売る」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: