国語言葉の意味

【慣用句】「懐を痛める」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師ライターがわかりやすく解説!

この記事では「懐を痛める」について解説する。

端的に言えば懐を痛めるの意味は「自分のお金を使う」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

現役のオンライン塾講師でライターのななを呼んです。一緒に「懐を痛める」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/なな

現役のオンライン塾講師であり、現在はライターとしても活動している。作文の添削をする際にひたすら辞書を引いた経験から、正しい日本語について常に考えるようになった。日本語の奥深さを伝えたいという熱い思いをもっている。

「懐を痛める」の意味や使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「懐を痛める」の意味や使い方を見ていきましょう。

「懐を痛める」の意味は?

「懐を痛める」には、次のような意味があります。

自分の金を使う。身銭を切る。「ー・めてまで見ず知らずの他人に施しをする」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「懐を痛める」

「懐を痛める」は「ふところをいためる」と読み、「自分のお金を使う」という意味の慣用句です。「懐」の意味も辞典で確認してみましょう。

1.衣服を着たときの、胸のあたりの内側の部分。懐中。「受け取った金をーにしまう」

2.前に出した両腕と胸とで囲まれる空間。「横綱のーに入り込む」

3.周りを山などに囲まれた奥深い場所。「山のーを切り開く」

4.外界から隔てられた安心できる場所。「親のーで不自由なく育つ」「大自然のーに抱かれる」

5.物の内部。内幕。「敵のーに飛び込む」

6.持っている金。所持金。「他人のーをあてにする」「ーと相談する」

7.胸の内の考え。胸中。「ーを見透かす」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「懐」

6つ目に「持っているお金」という意味が出てきます。このことから、「懐を痛める」は「自分が持っているお金を使う」という意味になるのですね。

「懐を痛める」の使い方・例文

「懐を痛める」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「懐を痛める」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: