国語言葉の意味

【慣用句】「言葉を尽くす」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「言葉を尽くす」の使い方・例文

「言葉を尽くす」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.冤罪であることがわかっている彼を救うために、言葉を尽くして説得する。
2.誤解を解くために、言葉を尽くして経緯を説明する。
3.言葉を尽くしても、上手く相手に思いが伝わらなかった。

「言葉を尽くす」は例文のように、自身が持っているあらん限りの言葉を使って、誰かに伝えるという時に使われています。冤罪を証明するために説得する、誤解を解くために理由を説明するなど、相手に是が非でもわかってもらいたいという様子を表していますね。

言葉を尽くすは「言葉を尽くして話す」、「言葉を尽くして説得する」、「言葉を尽くして説明する」など、話す行動を修飾する形で使われていることが多くなっています。実際に使用する際には、こうした細かいニュアンスに注意して正しく使っていきましょう。

「言葉を尽くす」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

続いて「言葉を尽くす」の類義語・違いについて確認していきましょう。「言葉を尽くす」の類義語をいくつかピックアップしました。関連するよく似た表現との違いを確認することで、「言葉を尽くす」という言葉の機能をより深く理解することができます。

その1「言い尽くす」

「言い尽くす」は残すところなく、すべて言い切ってしまうことを意味しています。こちらは自身の言いたいことをすべて言い切る意味となっており、「言葉を尽くす」とは使用する状況が違うため注意が必要です。非常によく似た類義語ですが、ニュアンスの違いに注意し、使い分けていきましょう。

\次のページで「その2「意を尽くす」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: