国語言葉の意味

「パンドラの箱」の意味や使い方は?例文や類語を元広告会社勤務ライターがわかりやすく解説!

この記事では「パンドラの箱」について解説する。

端的に言えばパンドラの箱の意味は「災いを引き起こすもの」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は広告会社で経験を積み、文章の基本と言葉の使い方を知るライターのHataを呼んです。一緒に「パンドラの箱」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Hata

以前は広告会社に勤務しており、多くの企業の広告作成経験を持つ。相手に合わせた伝え方や言葉の使い方も学び、文章の作成や校正が得意。現在はその経験をいかし、ライターとして活動中。

「パンドラの箱」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「パンドラの箱」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「パンドラの箱」の意味は?

「パンドラの箱」には、次のような意味があります。

ゼウスがパンドラに持たせた、あらゆる災いの詰まった箱(本来は壺)。彼女が地上に着いたとき好奇心から開けたところ、すべての災いが地上に飛び出したが、急いでふたをしたので希望だけが残ったという。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「パンドラの箱」

パンドラとは、ギリシャ神話に登場する女性の名前。「パンドラの箱」とはこの女性がゼウスに渡された箱のことを指します。災いが詰まったこの箱を開けてしまったことから、転じて“災いを引き起こすもの”“触れてはならないもの”のたとえとしても「パンドラの箱」は使われるようになりました。

現在でも、“良くないことを引き起こす”という比喩表現などで「パンドラの箱を開ける」といった言い回しが使われます。

「パンドラの箱」の語源は?

次に「パンドラの箱」の語源を確認しておきましょう。パンドラの箱は、ギリシャ神話が由来となっており、ギリシャ詩人のヘシオドスの著書『仕事と日』が、「パンドラの箱」について記されたもっとも古い書とされています。

ギリシャ神話において人間は、神プロメテウスにより火を使うことを教えられました。しかしこの火はプロメテウスが天界から盗んだものだったのです。盗んだ火を人に与えたことを知り、最高神であるゼウスは人類に罰を与えようと考えます。そこでゼウスは男性しかいなかった人間の世界に、鍛冶の神ヘファイトスに命じて人類最初の女性を作らせました。この女性の名前が「パンドラ」です。

パンドラは絶世の美女であり、ゼウスはプロメテウスの弟、エピメテウスの元に送り出しました。このときパンドラは神々からのみやげとして、ひとつの箱(本来は壺)を渡されていましたが、絶対に開けてはいけないと命じられます。しかしパンドラは好奇心に負けて箱を開けてしまい、箱からはあらゆる災いが飛び出してしまいました。パンドラはあわてて箱に蓋をし、箱には「希望」だけが残ったのです。

この神話が「パンドラの箱」となり、“触れてはならないもの”“災いの原因となるもの”のたとえとして使われるようになりました。

\次のページで「「パンドラの箱」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: