英訳英語

【英語】「長雨」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

この記事では「長雨」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「long spell of rain」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

個別指導塾の元講師で、受験生の指導経験が豊富なライターさとみあゆを呼んです。一緒に「長雨」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/さとみあゆ

個別指導塾で多くの受験生を指導してきた経験を持つ。そのノウハウを駆使し、受験生だけでなく社会人にも「使える英語」を伝授する。

「長雨」の意味と使い方は?

日本には四季があり、暑い季節や寒い季節、湿気の多い時期や逆に乾燥している時期などいろいろな気候があります。梅雨や秋雨のころには「長雨」が続くことも多いですね。それでは、「長雨」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「長雨」の意味

「長雨」には、次のような意味があります。

長く降り続く雨。霖雨 (りんう) 。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「長雨」

「長雨」の使い方・例文

「長雨」とは「霖雨」とも言い、「長い期間続く雨」という意味です。「霖雨蒼生(りんうそうせい)」という四字熟語は、長く続く雨が「恵みの雨」となり、草木が生い茂るという意味。それが転じて「苦しんでいる民衆を救うこと」という意味で使われています。

次に「長雨」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.この長雨のせいで、洗濯を部屋干ししている。
2.連日の長雨で地盤が緩んでいるかもしれないので気を付けて。
3.梅雨でもないのに長雨が続いているので、家庭菜園の野菜がなかなか大きく育たない。

\次のページで「「長雨」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: