国語言葉の意味

【慣用句】「灸を据える」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「灸を据える」について解説する。

端的に言えば灸を据えるの意味は「厳しく叱る、罰する」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
国立大学の国文科を卒業したあおやぎを呼んです。一緒に「灸を据える」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/あおやぎ

幼い頃から本を数えきれないほど読んできた活字中毒。国立大学の文学部国文科に入学し、日本語について学ぶ。2人の子育て経験を生かし、分かりやすく言葉の使い方について解説する。

「灸を据える」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 48633414

「灸を据える」という言葉を耳にしたことがありますか?「お灸を据える」「御灸を据える」とも言いますね。現代ではあまり馴染みのない「お灸」。なぜ「きつく叱る」といったような意味になるのでしょうか?

早速「灸を据える」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「灸を据える」の意味は?

「灸を据える」には、次のような意味があります。

1.灸で治療をする。
2. きつく注意したり罰を加えたりしてこらしめる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「灸を据える」

「灸」というのは漢方療法の一つです。体験したことがある方もいるかもしれませんね。身体のつぼと呼ばれる場所にモグサを置いて火をつけ、熱で刺激することで症状を改善しようとするものです。「灸を据える」には単にお灸での治療を行うという意味もあります。

しかし、2.の「きつく注意したり罰を加えたりして懲らしめる」という意味で使われることがほとんどといえるでしょう。悪いことをしたり、態度が悪かったりした者に対して厳しく叱り懲罰を与えることをいいます。子供や、自分と同等以下の立場の人に対して使われることが多い用語です。目上の人に対してはほとんど使いません。使うとかなり上から目線に捉えられてしまうので、注意が必要です。目上の人に抗議したり、反対するときには「物申す」「異議を唱える」「苦言を呈する」など他の言い方で表現した方が良いかもしれません。

「灸を据える」の語源は?

次に「灸を据える」の語源を確認しておきましょう。

「灸」(お灸)は皮膚上のつぼ、経穴に対しモグサを燃やして温熱刺激を与える治療法です。中国・チベット・モンゴルなどで発祥し、日本には遣隋使や遣唐使が伝えたとされています。「やいと」とも読み、「やいとを据える」と言われる場合も。

「お灸を据えて、病気を治そうとする」ことを「注意したり罰を与えて、悪い行いを改めさせる」例えに使ったとも考えられますが、お灸は熱く痛みを伴うため、昔から家庭で子供のお仕置きに使われていた歴史があります。そこから「懲らしめる、制裁を与える」といった意味が出てきたとも捉えることができますね。

しかし、1990年代には懲罰や粛正の比喩として「お灸を据える」と表現するのは不適切であるとの主張が日本鍼灸師会から出されました。広く使われている表現ではありますが、使う際には注意が必要かもしれません。

\次のページで「「灸を据える」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: