国語言葉の意味

【慣用句】「意を強くする」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターがわかりやすく解説!

この記事では「意を強くする」について解説する。

端的に言えば意を強くするの意味は「強く思う」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んです。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「意を強くする」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/タケル

某国立大で日本語学を専攻。尊敬する先生に文章を書くのが上手とほめられたのがきっかけで、物書きになりたいと意を強くしたことがあった。今webライターをしているのも、その延長線上だ。

「意を強くする」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「意を強くする」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「意を強くする」の意味は?

「意を強くする」には、次のような意味があります。

心強く思う。自信をもつ。「多数の賛同を得て—する」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「意(い)を強(つよ)くする」

意を強くする」(いをつよくする)とは、「心強く思う、自信を持つ」という意味の慣用句です。何かに影響されたり後押しを受けたりしたときに、ますます意志を強く持つ、あるいは自信を深めることを表します。

「意を強くする」の使い方・例文

「意を強くする」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「意を強くする」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: