国語言葉の意味

【慣用句】「暗影を投ずる」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「暗影を投ずる」について解説する。

端的に言えば暗影を投ずるは「将来に不安をもつこと」という意味だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを10年経験した柊 雅子を呼んだ。一緒に「暗影を投ずる」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/柊 雅子

イベントの司会や雑誌の記事作成を仕事としてきたライター、柊 雅子。「しょっちゅう夫婦の老後に対して暗影を投じている」という彼女が「暗影を投ずる」について解説する。

「暗影を投ずる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「暗影を投ずる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「暗影を投ずる」の意味は?

「暗影を投ずる」には、次のような意味があります。

1.将来に対する不安を投げかける。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「暗影を投ずる」

「暗影」は「暗い影」「投ずる」は「投げかける」という意味です。「暗い影を投げかける」という表現から明るいイメージは湧いてきませんよね。

ところで「影」と「陰」はどう違うのでしょうか。「体育館のカゲに隠れる」「前の建物のカゲになって、日当たりが悪い」「カゲ絵の舞台を観た」「傾く夕陽に私のカゲが長く伸びた」「草葉のカゲから見守る」…これらの「カゲ」は二つのパターンに分けることができます。

一つは光によって生まれるカゲ。光の反対側にはカゲが生まれますね。それが「影」です。光によって生まれる「影」を用いて舞台を作り上げるのが「影絵」。「夕陽に伸びる長いカゲ」も光によって生まれる「影」ですね。

もう一つは「ものカゲ」の「カゲ」。「ものカゲ」の「カゲ」は光によって生じる影ではなく、光や風雨を遮るものという意味で用いられます。この場合に用いられるのが「陰」。そこから考えると「体育館のカゲに…」「前の建物のカゲになって…」の「カゲ」、墓場を意味する「草葉のカゲから…」の「カゲ」、これらは「陰」という漢字を用いることになりますね。

「暗影を投ずる」の使い方・例文

「暗影を投ずる」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3
Share: