国語言葉の意味

【ことわざ】「牛に経文」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師がわかりやすく解説!

この記事では「牛に経文」について解説する。

端的に言えば「牛に経文」の意味は「いくら説き聞かせても効き目のないことのたとえ」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好き・英語好き・読書好きなライターくふを呼んです。一緒に「牛に経文」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/くふ

語学好き・英語好き・読書好きなライター。学習塾での経験を活かし分かりやすく丁寧な解説をお届けする。

「牛に経文」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「牛に経文」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「牛に経文」の意味は?

「牛に経文」には、次のような意味があります。辞書や辞典で正確な内容を確認しましょう。

1.いくら説き聞かせても効き目のないことのたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「牛に経文」

あなたは動物は好きでしょうか。日本語には、動物が登場することわざや慣用句が数多く存在します。今回は「牛」にまつわる表現を1つご紹介しましょう。「牛に経文」とは、「いくら言い聞かせても何の効果もないさまや効き目の無いこと」の意。読み方は「うしにきょうもん」です。

「一生懸命、相手に説明しても意味のない場面」や「どんなに丁寧に分かりやすく説明しても効果がない様子」を示す時に使うことわざ。誰かに何かを伝える際には相手の理解力や語彙力などを考慮して伝えようとしないと、まったく相手の心に届かないことを教えてくれることわざでしょう。

「牛に経文」の語源は?

次に「牛に経文」の語源を確認しておきましょう。「牛に経文」の「経文」とは、「お経」の意。「牛」は「動物の牛」ですね。牛にお経を聞かせて詳しく説明しても難しすぎて理解できずありがたいと思うことはないでしょう。この牛の様子から派生して、「牛に経文」「効果がないこと・無駄なこと」を示すようになったと考えられています。仏教を信仰する人たちにとって大切な教えも牛にとってはとても難しく、ただただ退屈なものであることが伝わってきますね。言葉の意味とセットで由来も頭に入れておきましょう。

\次のページで「「牛に経文」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: