国語言葉の意味

【慣用句】「血の滲むよう」の意味や使い方は?例文や類語を元塾講師が解説!

その1「sweat blood」

「sweat」は汗という意味の言葉です。他にも〇〇を流す、などという意味があります。「blood」は血という意味です。「血を流す」という意味になるんですね。

ID: ↑パーツ内本文:78文字

He sweated blood to hand the article in on time.

(訳:彼は血のにじむような努力をして、〆切までに記事を提出した。)

出典:慣用句の意味と用法(明治書院)「血がにじむ(よう)」

ID: ↑パーツ内本文:114文字

handは手渡す、与えるという意味がありますね。合わせて覚えておきましょう!

ID: ↑パーツ内本文:38文字

その2「desperate」

必死の、命がけの、という意味のある言葉です。よく努力をするという意味のmake effortsと一緒に使われます。例文で使い方を見てみましょう。

ID: ↑パーツ内本文:72文字

I make desperate efforts to get a good assessment on linguistic sociology examination.

(訳:言語社会学の試験で良い評価をもらえるように、血の滲むような努力をする。)

ID: ↑パーツ内本文:127文字

assessmentで評価という意味があります。スペルにも注意したい単語ですね!

ID: ↑パーツ内本文:40文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「血の滲むよう」についての理解は深まったか?よく聞く言葉だが間違った使い方をしないように気をつけよう。

ID: ↑パーツ内本文:51文字

「血の滲むよう」を使いこなそう

この記事では「血の滲むよう」の意味・使い方・類語などを説明しました。難しい言葉ではないのでぜひたくさん使ってみてください。血の滲むような努力で語彙力を強化しましょう!

ID: ↑パーツ内本文:83文字
1 2 3
Share:
ngs1224