国語言葉の意味

【慣用句】「一札入れる」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者がわかりやすく解説!

この記事では「一札入れる」について解説する。

端的に言えば、人札入れるの意味は「謝罪などの意を示す文書を書き、相手に差し出す」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んです。一緒に「一札入れる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「一札入れる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「一札入れる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「一札入れる」の意味は?

「一札入れる」は、慣用句・ことわざです。いっさついれる、と読み、一札はいちれい、ひとふだ、などとは読まないので、くれぐれも注意しましょう。

次のような意味があります。

保証・約束・謝罪などの意を示す文書を書いて、相手方に差し出す。一札を入れる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「一札(いっさつ)入(い)れる」

「一札入れる」は、約束や謝罪などの意志をはっきりと明確にしつつ、その後の証拠とするために文書にし、相手方にさし出す、という意味です。後々のために、保証や約束などを先に明らかにしておき、肝心なところであやふやにしないため、という意図も。

例えば、夏目漱石の小説『道草』で、「島田は当人の彼から一札入れて貰ひたいと主張したので」との一文が出てきます。

「一札を入れる」という言葉もあり、意味は「一札入れる」と同じです。

「一札入れる」の語源は?

次に、「一札入れる」の語源を確認しておきましょう。

「一札入れる」は、「一札」「入れる」を組み合わせた用語です。この「一札」とは、1通の文書や手紙、1枚の証書や証文という意味。

いずれも、文書などであり、これを相手に指し示すことを「入れる」という言葉を加え、慣用句として使われています。

\次のページで「「一札入れる」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: