国語言葉の意味

【慣用句】「一口乗る」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「一口乗る」について解説する。

端的に言えば一口乗るの意味は「参加する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んだ。一緒に「一口乗る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

kohki

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「一口乗る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「一口乗る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「一口乗る」の意味は?

「一口乗る」には、次のような意味があります。

多人数でするもうけ口や仕事の仲間にはいる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「一口乗る」

「一口(ひとくち)乗る」とは、みんなでなにかを実施しようとするときに仲間に入るとか、おもしろうそうなサイトに登録するときに一緒に会員登録するなど、他の人と同じような行動をするときに使われる慣用句です。特に儲け話があるときなどは、誰もが「一口乗る」ために参加者が増加します。

「一口乗る」の語源は?

次に「一口乗る」の語源を確認しておきましょう。「一口」とはまとめて簡単に言うことのほか、全体の中の一部分のことを指します。前者の意味で使う場合は「一口ヒント」などというフレーズがネットを見ているとよく出てきますから、見た方も多いのではないでしょうか。

「一口乗る」という場合は後者の意味で使われ、「一口株主」「一口五千円の寄付」などという使い方が普通です。また大勢で仕事をするときに一緒にやりたいときは「一口乗る」と言えば、仲間に入れてくれるでしょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
kohki