国語言葉の意味

青春も才能も!「花開く」の意味・例文・類義語などを日本放送作家協会会員がわかりやすく解説

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では 「花開く」について解説する。

端的に言えば、花開くの意味は文字通り「花が咲く」だが、ほかにも「盛んになる」「成果が現れる」など花以外のことを表現する使い方がある。意味やニュアンスを理解しておくと、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日本放送作家協会会員でWebライターのユーリを呼んだ。一緒に「花開く」の意味や例文、類義語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ユーリ

日本放送作家協会会員。シナリオ、エッセイをたしなむWebライター。時代によって変化する言葉の面白さ、奥深さをやさしく解説する。 

「花開く」の意味・例文と使い方

image by iStockphoto

「花開く」には、どんな意味があるのでしょう。花が咲くという意味のほかにも、意外とたくさんの使い方がありますよ。まず辞書で意味を調べて、例文で使い方を見てみましょう。

「花開く」の意味

ではまず「花開く」を辞書でチェックしてみましょう。

1 花がさく。「梅が—・く」
2 物事が盛んになる。成果が表れる。開花する。「才能が—・く」

出典:デジタル大辞泉「花開く」

文字通り「花が咲く」という意味以外に、「物事が盛んになる」「成果が表れる」「(才能などが)開花する」という意味合いがあります。なぜ、もともとの意味以外でも使われるようになったのでしょうか。少し長くなりますが、辞書で「花」もチェックしてみましょう。

1 種子植物の有性生殖を行う器官。葉から変形した萼(がく)・花びら・雄しべ・雌しべおよび花軸からなる。この要素の有無により完全花と不完全花に、雄しべ・雌しべの有無により両性花と単性花に分けられる。受精して実を結び、種子を生じる。「—がほころぶ」「—がしぼむ」
2 花をもつ植物。また、美の代表としてこれをいう語。「—を植える」「蝶よ—よと育てる」
3 桜の花。すべての花を代表する意で、平安時代後期に定着した言い方。「—の宵(よい)」「—散らす風の宿りは誰か知る我にて教へよ行き恨みむ」〈古今・春下〉
4 2のうち、神仏に供えるもの。枝葉だけの場合もある。「手向(たむ)けの—」
5 造花。また、散華(さんげ)に用いる紙製の蓮の花びら。
6 生け花。また、華道。「お—の師匠」
7 花が咲くこと。また、その時期。多く、桜についていう。「—の便り」「—曇り」
8 見かけを1にたとえていう語。「氷の—」「波の—」
9 1の特徴になぞらえていう語。
㋐華やかできらびやかなもの。「社交界の—」
㋑中でも特に代表的で華やかなもの。「火事と喧嘩(けんか)は江戸の—」「大会の—ともいうべき種目」
㋒《華やかで目立つところから》功名。誉れ。「後輩に—を譲る」
㋓最もよい時期。また、盛んな事柄や、その時節。「独身時代が—だった」「今が—の俳優」
㋔実質を伴わず、体裁ばかりよいこと。また、そのもの。「—多ければ実少なし」

出典:デジタル大辞泉「花開く」より抜粋

引用の9のところに「花」の特徴になぞらえていう語という項目があり、「華やかできらびやかなもの」「誉れ」「最もよい時期」「盛んな事柄」などの意味があることがわかります。だから「花開く」は「物事が盛んになる」「成果が表れる」「(才能などが)開花する」という意味で使われるようになったのですね。今回抜粋した以外にも、まだ「花」にはたくさんの意味がありますよ。

「花開く」の例文・使い方

次に「花開く」の例文で使い方を見てみましょう。

\次のページで「ことわざ:「枯木に花開く」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: