国語言葉の意味

【慣用句】「血相を変える」の意味や使い方は?例文や類語を元塾講師が解説!

その1「one’s expression/color changes」

expressionは表情、colorは顔色という意味があります。それがchangeするのですからわかりやすい英訳ですね。現在形で使うときは動詞にsをつけるのを忘れずに!例文も見てみましょう!

ID: ↑パーツ内本文:96文字

Somebody destroyed the machine in our factory ,so our factory manager got angry and his expression/color changed.

(訳:工場の機械が何者かに破壊されて、工場長は血相を変えて怒った。)

ID: ↑パーツ内本文:149文字

日本語訳の前半は受け身ですが英文は能動的になっています。英語では受動態よりは能動態を使うことが多いですね。

ID: ↑パーツ内本文:53文字

その2「turn red/scarlet」

顔色が赤くなる場合に使う表現です。scarletは緋色、深紅色という意味になります。turnには変えるという意味もあるのでこういう表現になるのです。

ID: ↑パーツ内本文:74文字

His face turned red/scarlet with anger.

(訳:彼は怒りで血相を変えた。)

ID: ↑パーツ内本文:57文字

どういう感情で顔色が変わったのかはwith~で表します。セットで覚えておくといいでしょう!

ID: ↑パーツ内本文:45文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「血相を変える」への理解は深まったか?よく使う言葉だが、使い方に注意もあるから気をつけて使いたいな!

ID: ↑パーツ内本文:50文字

「血相を変える」を使いこなそう

この記事では「血相を変える」の意味・使い方・類語などを説明しました。この慣用句はどういった感情で顔色が変わったのかに着目してから使わなければいけません。注意して使用しましょうね!

ID: ↑パーツ内本文:89文字
1 2
Share:
ngs1224