国語言葉の意味

【慣用句】「圧力を掛ける」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説!

この記事では「圧力を掛ける」について解説する。

端的に言えば圧力を掛けるの意味は「相手を圧迫する」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んです。一緒に「圧力を掛ける」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「圧力を掛ける」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「圧力を掛ける」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「圧力を掛ける」の意味は?

「圧力を掛ける」には、次のような意味があります。

1.圧力を加える。
2.自己の意に従わせようとして、権力・財力・武力などで相手を圧迫する。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「圧力を掛ける」

「圧力を掛ける」には物理的に力を加える意味のほか、組織や個人を意のままに操ろうとする場合にも使われます。どちらかといえば後者のような使い方のほうが多いのではないでしょうか。現代では政治や経済などあらゆる分野に関連して、その方針に威圧をかける圧力団体が存在していて、自分たちが望む結果に導こうとしています。

「圧力を掛ける」の語源は?

次に「圧力を掛ける」の語源を確認しておきましょう。本来「圧力を掛ける」とは、重力や推力、膨張力などを利用して物体を押しつけることを意味していました。それがやがて、組織に対してなんらかの方法で自らの便利な方向に仕向けるための用語として使用されるようになったのです。

\次のページで「「圧力を掛ける」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: