国語言葉の意味

【ことわざ】「葦をふくむ雁」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「葦をふくむ雁」を使いこなそう

この記事では「葦をふくむ雁」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「葦をふくむ雁」は「海を渡って遠くへ飛ぶとき、海上で羽を休めるために、枯れ葦を口にくわえていくという雁」という意味から「何か行動を起こす際に、抜かりなく準備する」ということを表し、類義語は「用意周到」、対義語は「場当たり」、英語では「make perfect preparations」等と表されることがわかりましたね。

「雁風呂」という民話が津軽地方に伝わっています。「葦をふくむ雁」に基づいた民話で心に染みてくる話です。是非、調べてみて下さい。

1 2 3 4
Share: