国語言葉の意味

【慣用句】「家を外にする」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師ライターがわかりやすく解説!

この記事では「家を外にする」について解説する。

端的に言えば家を外にするの意味は「外出してばかりいる」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

現役のオンライン塾講師でライターのななを呼んです。一緒に「家を外にする」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/なな

現役のオンライン塾講師であり、現在はライターとしても活動している。作文の添削をする際にひたすら辞書を引いた経験から、正しい日本語について常に考えるようになった。日本語の奥深さを伝えたいという熱い思いをもっている。

「家を外にする」の意味や使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「家を外にする」の意味や使い方を見ていきましょう。

「家を外にする」の意味は?

「家を外にする」には、次のような意味があります。

外出しがちである。自分の家にいつかない。「ーして遊んでばかりいる」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「家を外にする」

「家を外にする」とは、「いえをそとにする」と読み、「外出しがちなこと」を表す慣用句です。もうひとつ、面白い解説をする辞典があったので紹介します。

外出・外泊が続きがちで家族との団欒や家庭内の用向きなどがおろそかになる。家(うち)を外にする。

出典:新明解国語辞典 第六版(三省堂)「家 用例:家を外にする」

外出してばかりで「家庭がおろそかになる」という意味合いも含んでいるのが、「家を外にする」なのですね。

\次のページで「「家を外にする」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: