国語言葉の意味

【慣用句】「陰口を叩く」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章を扱ってきたライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「陰口を叩く」について解説する。

端的に言えばの陰口を叩く意味は「悪口を言う」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

大手企業に35年以上勤務し仕事でたくさんの文章を扱ってきたKAIKAIを紹介しよう。一緒に「陰口を叩く」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/KAIKAI

東京の大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つ。学生時代から国語が得意で言葉や慣用句の意味には自信あり。

「陰口を叩く」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「陰口を叩く」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「陰口を叩く」の意味は?

国語辞典のサイトを見ると「陰口を叩く」には、次のような意味があります。

当人のいないところで悪口を言う、陰で人の悪評を言うなどの意味の表現。「口を叩く」は多くの場合はよからぬ事を言うと言った意味の語

出典:weblio辞書(GRASグループ株式会社)口を叩く」

「陰口を叩く」とは「こっそりとある人の悪口をある人のいない所で言うこと」です。言い方を少し変えて「陰口を利く」「陰口を利く」「陰口を言う」などとも言いますね。「陰口」とは「その人が不在な時に密かに語る誹謗中傷」という意味になります。

「陰口を叩く」の語源は?

次に「陰口を叩く」の語源を確認しておきましょう。

「陰口を叩く」とは「陰の口を叩く」ということです。「口を叩く」とは、口数が多いことを言います。「大口を叩く」とか「減らず口を叩く」とか「無駄口を叩く」などと使われますね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: