国語言葉の意味

【慣用句】「筋が悪い」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章を扱ってきたライターがわかりやすく解説!

この記事では「筋が悪い」について解説する。

端的に言えば筋が悪いの意味は「性質が悪い」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は大手企業に35年以上勤務し仕事でたくさんの文章を扱ってきたベテランのKAIKAIをご紹介しよう。一緒に「筋が悪い」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/KAIKAI

東京の大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つ。学生時代から国語が得意で言葉の知識に関するジャンルには自信あり。

「筋が悪い」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「筋が悪い」(すじがわるい)の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「筋が悪い」の意味は?

辞書を検索すると「筋が悪い」には、次のような意味があります。

1.芸事などの素質がよくない。
2.性質が悪い。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「筋が悪い」

辞書から、「筋が悪い」とは「物事を行う才能がない」という意味と「家柄や素質が悪い」という意味があります。「筋」には「筋肉」、「腱」、「血管」、「線」、「縞模様」、「家柄」、「素質」、「流派」、「物事の道理」、「小説や映画などのおおまかな内容」、「関係方面」、「おもむき」、「道路や川に沿った所」、「囲碁、将棋の本筋の位置方」、「将棋盤の縦列」、「身分や地位」といったたくさんの意味を持つのです。

なお、「筋がたつ」「筋を通す」と言った場合は「道理にかなう」という意味になります。また、「筋が違う」とは「見当が違う」という意味です。

「筋が悪い」の語源は?

次に「筋が悪い」の語源を確認しておきましょう。

「筋」とは「細長い線状のもの」の関連のものを意味しますが、そこから「血筋」とか「家系」を意味するようになりました。そうして芸事などは血縁関係のある人に引き継がれていくことが多いため芸に優れた人のことを「筋がいい」と言うようになったのです。その後さらに「素質」とか「才能」の意味が加わって、「素質がある」とか「才能がある」という意味で使われるようになりました。

\次のページで「「筋が悪い」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: