国語言葉の意味

【慣用句】「鬼籍に入る」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校校舎長がわかりやすく解説!

この記事では「鬼籍に入る」について解説する。

端的に言えば鬼籍に入るの意味は「人が亡くなる」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元予備校校舎長で教育系ライターのみゆなを呼んです。一緒に「鬼籍に入る」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/みゆな

元大手予備校校舎長、現在は教育系のライター。国語、特に現代文の指導経験が豊富。難解な言葉や表現を中高生がスラスラ理解できるように解説するのが大得意。

「鬼籍に入る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「鬼籍に入る」、読み方は「きせきにいる」です。「はいる」と読むのは誤りなので、はじめに押さえておきましょう。さて「鬼籍に入る」という慣用句は「鬼」という字が使われていますが、一体どういう意味なのでしょう?実は日常的にも使える表現である「鬼籍に入る」を、由来にまでさかのぼって解説します。正しい意味をおさえ、ぜひあなたのボキャブラリーに加えてくださいね。

それでは早速「鬼籍に入る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「鬼籍に入る」の意味は?

「鬼籍に入る」には、次のような意味があります。

死んで鬼籍に名を記入される。死亡する。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「鬼籍に入る」

「鬼籍に入る」は、平易な言い方をすると「人が亡くなる、死亡する」という意味です。人の死というのはとてもデリケートな話題ですから、「死ぬ」という直接的な表現を避けたい場面の方が多いですよね。しかも格式ばった場ではなおさら、亡くなった人に敬意を込め、残された方にもお悔やみを伝えられるようなかしこまった言い回しが欲しくなります。

そんな場面で使える表現が「鬼籍に入る」です。次に解説する「由来」を見ると、「鬼籍に入る」という表現がどんなシチュエーションで使えるかより理解できますよ。

「鬼籍に入る」の由来は?

「鬼籍に入る」の「鬼籍」とは、死者の名前が書かれている台帳のことです。といっても戸籍のように実際に存在するものではありません。仏教や民間信仰で言い伝えられてきたもので、地獄の閻魔大王が持っているとされています。

」は昔話などに登場する「赤鬼、青鬼」ではなく、死者の霊魂を一般的に指す表現です。「死者の霊魂が記されている籍(書物)」が「鬼籍」で、「鬼籍に入る」とは名前が鬼籍に記されること、つまり死ぬことを意味します。

平安時代以降の説話では、たまたま近くに同姓同名の者が住んでいたために、閻魔大王の手元で鬼籍記録の不備があり、本来ではない別の人が死んでしまった…、という話もよく見られました。

\次のページで「「鬼籍に入る」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: