国語言葉の意味

「一方ならず」の意味や使い方は?例文や類語を早稲田文学部卒Webライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「一方ならず」について解説する。

端的に言えば一方ならずの意味は「ひととおりではない」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

早稲田大学文学部で日本文学・日本語学を学んだぽん太を呼んだ。一緒に「一方ならず」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ぽん太

早稲田大学文学部で日本語学と日本文学を学び、中高国語科の教員免許も取得している。これまで学んだ知識を生かして、難解な言葉をわかりやすく解説していく。

「一方ならず」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 70543725

それでは早速「一方ならず」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「一方ならず」の意味は?

「一方ならず」には、次のような意味があります。

普通の程度でない。ひととおりでない。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「一方ならず」

「ひとかたならず」と読みます。

「一方ならず喜ぶ」などと気持ちの大きさを表現するのに使うほか、「一方ならずお世話になっている」のように相手へ感謝やお礼を述べる挨拶文で使うことが多い言葉です。「とても」や「非常に」を丁寧にした言葉と考えると良いでしょう。「ひとかたならぬ」と使う場合もあります。

「一方ならず」の語源は?

次に「一方ならず」の語源を確認しておきましょう。

「一方」には名詞と形容動詞の二つの意味があり、「一方ならず」は「一方+なり」という形容動詞の形です。「一方」は「一通りである、ふつうだ」という意味があり、形容動詞の未然形「なら」に打ち消しの語「ず」を伴うので「ひととおりでない、普通の程度ではない」という意味になります。

古文では、源氏物語夕顔の「ひととおりならず心あわただしくて」という文章に使われていることで有名ですね。光源氏が「空蝉(うつせみ)のことを思うとひととおりでなく気持ちが落ち着かない」と嘆いている一文です。

\次のページで「「一方ならず」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: