国語言葉の意味

【ことわざ】「烏賊の甲より年の劫」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説!

「烏賊の甲より年の劫」の使い方・例文

「烏賊の甲より年の劫」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、例えば以下のように用いられます。

1.どんな仕事も長くやっていれば達人になれる。烏賊の甲より年の劫だよ。
2.あの女性は以前保険の外交員を長年経験していたらしいけど、転職してきてすぐに月間契約ランキングのトップだよ。やっぱり烏賊の甲より年の劫だね。
3.不動産の買取・売却サイトは、烏賊の甲より年の劫で長年運営しているところが信用できるよ。

「烏賊の甲より年の劫」は多分に言葉遊びの傾向があり、キーワードとなるのは「年の劫」でしょう。仕事の現場では、年齢を重ねるにつれインターネットの普及に伴う各種IT用語の氾濫についていけなかったり、メールのやり取りが苦手な人も出てくるものです。

しかし、そのようなマイナス面を長年培ってきた経験や知識でカバーし、リーダーとして部下をゼロから教育していく必要があります。たまにはポケットマネーでみんなに食事をおごってあげることも大切です。それが日本のビジネスライフと考え行動すれば、若手社員はあなたのサポーターとしてしっかり働いてくれるでしょう。

「烏賊の甲より年の劫」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

ここでは「烏賊の甲より年の劫」の類義語を見ていきましょう。

その1「松笠より年嵩」

「松笠より年嵩」「烏賊の甲より年の劫」の類義語です。「年嵩」とは年数を重ねたことを言い、「年の劫」と同じ意味を持っています。「松笠」「烏賊の甲」同様語呂合わせに使われたもので、深い意味はありません。

\次のページで「その2「老いたる馬は道を忘れず」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: