国語言葉の意味

【慣用句】「意を体する」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

その2「意向に沿う」

「意向に沿う」は相手の思うところ・考えに則り動くことを意味する単語です。こちらも人の考えを受け取り、そのとおりに動く場面で使われている類義語となっています。またこちらは「ご意向に沿えず申し訳ありません」など、ビジネスシーンでも使われることのある単語です。

その3「意を得る」

「意を得る」は自分の意見・考えとぴったり合う、自分の思い通りの状況になる、といった意味を表す単語です。他人の考えと自身の考えが合致し、心持ちを良くする。「意を得る」はこうした場面で使われています。

特に「我が意を得たり」というフレーズは小説・漫画など、物語中に使われることがあり、案外身近な単語の一つですね。こちらも「意を体する」とあわせて意味を覚えておきましょう。

「意を体する」の対義語は?

つづいて「意を体する」の対義語についても確認していきましょう。「意を体する」には明確に対義語とされている語はありません。しかしその意味から連想してみると次の単語が思い浮かびます。

「意に背く(そむく)」

「意に背く」は目上の人物の意見・考えに反抗し、逆らって従わないことを意味する単語です。「意を体する」が目上の人物の意見・考えに同調し、従って動くのに対して、こちらは目上の人物に逆らう意味となっています。

ちょうど「意を体する」と真逆の意味を表すことができる便利な慣用句です。使用頻度としても「意を体する」と同じように、文章中に時折見かける程度のモノとなっています。こちらもあわせて覚えておきましょう。

「意を体する」の英訳は?

image by iStockphoto

つづいて「意を体する」の英語訳についても確認していきましょう。

「obey someone’s thoughts」

「obey someone’s thoughts」は人の考えに従うという意味をもったフレーズです。こちらは「意を体する」の誰かの意見・考えを理解し、それに則るという意味合いを表現することができます。また「obey」単体は、ルール・上司の言うことに従うといった意味をもった他動詞です。こちらも覚えておきましょう。

\次のページで「「意を体する」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: