国語言葉の意味

【慣用句】「意を体する」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「意を体する」について解説する。

端的に言えば意を体するの意味は「考えに従う」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

多くの学術書を読み、豊富な知識をもつハヤカワを呼んです。一緒に「意を体する」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

「意を体する(たいする)」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「意を体する」の意味や語源・使い方を一覧で確認していきましょう。またその他「意を体する」は分類としては慣用句であるという点も抑えておきましょう。

「意を体する」の意味は?

「意を体する」というキーワードを辞典・辞書・事典、ネット上の無料データベースサービス「コトバンク」で用語検索してみると、次のような記載があります。

1.人の意見や気持を理解し、それに従って行動する。
※江戸を東京と改称し給へる詔‐明治元年(1868)七月一七日「因て自今江戸を称して東京とせん。是朕(ちん)の海内一家、東西同視する所以(ゆゑん)なり。衆庶此意を体せよ」

出典:精選版 日本国語大辞典「意を体する」

「意を体する」は人の意見・考えを受け止め、それに則った行動をとることを意味しています。誰かの意見・考えを尊重し、そのとおりに動く様子を指して使われている単語です。また意を体するは、基本的には師匠・上司など目上の人物の意見に対して、それを自分の意見として動く場合によく使われています。

またこちらの「体する」は、「体のいい返事(ていのいいへんじ)」・「然らぬ体(さらぬてい)」などと違い、ていではなく「たいする」と読む為、誤読に注意しましょう。古めかしい単語となっており、現在は小説など、文章の中で時折見かけるくらいの使用頻度となっています。

「意を体する」の語源は?

次に「意を体する」の語源を確認しておきましょう。意を体するは「意」と「体する」の前後二種類の単語を組み合わせて生まれました。「意」は心・気持ち・考えを意味しており、「体する」は心に留め、守るという意味を表しています。

「意を体する」はこれら二つの単語を組み合わせて、人の気持ち・考えを心に留め、それを守って行動するという意味を表す慣用句となりました。「体する」という単語は、命令・教えを心にとどめて守るという場面で使われることがあります。こちらも語彙力を高める為にもあわせて覚えておきましょう。

\次のページで「「意を体する」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: